ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhone音声入力は資料作りに使える精度の高さ

スマホの普及で、大学生のリポート作成の仕方も変わったようです。現代の大学生らはブラインドタッチが苦手。iPhoneのフリック入力などを活用しているかと思いきや、なんと文字起こしを音声入力で行っているといいます。実際にiPhoneの音声入力を試してみると、その精度の高さに絶対に驚くハズです。


スポンサーリンク
iPhone音声入力は資料作りに使える精度の高さ

iPhoneの音声入力でテキスト作成

会社の資料作りで苦労するのがテキストの入力でしょう。パソコンに向かってキーボードで一生懸命タイミングしても、どうしても入力スピードには限界があるもの。そこで活用したいのがiPhoneの音声入力です。

iPhoneの音声入力によるテキスト作成をするには、標準のメモ帳を開いてキーボード下部にあるマイクボタンをタップするだけ。あとはマイクに向かって、入力したい文章を話しかければスムーズにテキスト化してくれます。

iPhoneの音声入力の精度の高さには驚くばかり。少し早口で話しかけても、難なく聞き取ってくれます。しかも、テキスト入力しながら変換も行ってくれて、ほぼ意図通りの漢字が入力されるのです。

iPhoneの音声入力は資料作りに通用

iPhoneの音声入力では、読点や句点はそれぞれ「てん」と「まる」で入力可能。文末で改行したい時は「かいぎょう」と言えばOKです。かっこも「かっこ」「かっことじ」、カギカッコも「カギカッコ」「カギカッコとじ」で入力できます。

実際にiPhone音声入力の精度をAndroidと比べてみました。100文字程度のテキストを読み上げたところ、iPhoneの音声入力による漢字変換はパーフェクト。明らかな間違いは助詞の「に」が抜けてしまった1か所だけでした。

一方のAndroidは長文の聞き取りがかなり苦手な模様。2行以上の長文になるとフリーズして検知されなくなってしまいました。

iPhoneの音声入力は資料作りにも十分に通用するレベル。会議の議事録も録音した音声を聞きながらiPhoneに向かって話せば、テキスト化も楽チンでしょう。

■「iPhone」おすすめ記事
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iPhoneアナライザー2でLINEのトーク履歴を解析
iPhoneの指紋認証をロック解除する最新手口
iPhoneを自動録音アプリで盗聴器にする方法
クローンiPhoneの作り方を実際に検証した結果
iPhoneのウラ技でアンテナ表示を数字に切り替え
iPhone無音カメラはマイクロソフト製が高機能
iPhoneのバックアップにiTunes以外を使ってみる
iPhoneの写真は削除したつもりでも復元できる

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事