ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhoneに新搭載された計測アプリもう使った?

iPhoneがiOS12なっていたら、ぜひとも試してみてほしいアプリがあります。それは「計測」というアプリ。AR機能により、カメラで撮影した画像から指定した2点間の距離を測ることができます。このほか、自動的に四角い部分を認識して縦と横の長さを計測、さらに面積を算出してくれるのです。


スポンサーリンク
iPhoneに新搭載された計測アプリもう使った?

iPhoneに計測アプリが標準搭載

「計測」アプリは元々、サードパーティが開発していたAR利用のメジャーアプリ。iOS12になってからAppleに正式採用となり、iPhoneに標準搭載されるようになったようです。機能は、大別して「計測」と「水準器」の2つになります。

「計測」を選択するとカメラが起動。例えば、本棚の高さを測るなら、30cm~2mぐらいに接近します。画面中央にドットが表示されるので、調べたい長さの起点にドットを合わせたら「+」をタップするのです。

ドットが黄色くなったらそこが起点。スマホを動かしてみると、起点から白いドットがどのぐらい離れているか距離がcmで表示されるのです。再度「+」をタップすると、測定値が固定され、右の「◎」で画面を撮影します。

iPhone計測アプリで身長を測定

「計測」アプリの最大の特徴は、スクエアな部分を自動で認識し、縦横の長さを測定できることです。空間を正確に把握するため「iPhoneを動かし続けてください」「もっと明るさが必要です」といった警告が出ます。

警告通りに端末を動かして一定の明るさの下iPhoneを動かすと、目の前のPCのモニターを認識。画面サイズを自動で測定し、面積まで算出します。真正面50cmぐらいの距離で撮影すると、誤差数mmとかなり正確です。

AR機能により、多少斜めから撮影しても測定値は補正されるようですが、こちらは数cm誤差が出る場合もありました。身長などをこっそり測定するなら、真後ろに立ってiPhoneをゆっくり動かすとかなり正確に測れます。

■「iPhone」おすすめ記事
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iPhoneアナライザー2でLINEのトーク履歴を解析
iPhoneの指紋認証をロック解除する最新手口
iPhoneを自動録音アプリで盗聴器にする方法
クローンiPhoneの作り方を実際に検証した結果
iPhoneのウラ技でアンテナ表示を数字に切り替え
iPhone無音カメラはマイクロソフト製が高機能
iPhoneのバックアップにiTunes以外を使ってみる
iPhoneの写真は削除したつもりでも復元できる

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事