ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

本格的なRAW撮影ができるiPhoneカメラアプリ

iPhoneの新モデルが発売されましたが、10万円をオーバーする価格で機種変更を悩む人も多いはず。そこで、優秀なアプリを使って今使っているiPhoneの性能を引き上げてみましょう。10万円以上かけて買い替える前に、さくっとアプリを変えてみるべし。本格的なRAW撮影ができるiPhoneカメラアプリを紹介します。


本格的なRAW撮影ができるiPhoneカメラアプリ

iPhoneカメラアプリで本格的な撮影

「ProCamera.」は露出・ISO・シャッター速度などを調整して、高級デジタルカメラ並みにこだわった本格的な撮影を可能とするiPhoneカメラアプリ。価格は720円で、App Storeで入手できます。

このカメラアプリはRAW撮影と現像にも対応し、iPhoneで本格的なデジカメ相当の撮影ができます。デュアルレンズを搭載しているiPhoneならボケを活かしたポートレート撮影も可能です。

ちなみに「RAW撮影」のRAWとは「生」という意味で、イメージセンサーから出力された生に近い状態のファイルをRAWデータと呼びます。そして、RAWデータを画像処理して最終的なファイルを作り出すことを「現像」というのです。

iPhoneカメラアプリで現像する手順

アプリの設定でファイル形式を「RAW」に変更しておけば、iPhoneでRAW撮影ができるようになります。アプリには撮影した写真の編集機能も搭載。RAW撮影した場合は、画質を劣化させず、JPGよりも高画質な状態で調整が可能です。

実際に、ProCamera.でRAW撮影した写真を現像する手順を見ていきましょう。まずはRAW撮影した写真を選び、アプリ下部のボタンから編集機能を開いてください。編集機能の「RAW」を選ぶと写真の現像ができます。露出・温度・ノイズなどを調整して「保存」をタップすればOKです。

すると、現像前は背景の棚が白飛びしていたものが、現像後はクッキリ。このようにiPhoneカメラアプリのRAW撮影は、撮影後に色や明るさを細かく調整できるのが魅力です。

■「iPhoneカメラアプリ」おすすめ記事
iPhone無音カメラはマイクロソフト製が高機能

■「iPhone」おすすめ記事
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iPhoneアナライザー2でLINEのトーク履歴を解析
iPhoneの指紋認証をロック解除する最新手口
iPhoneを自動録音アプリで盗聴器にする方法
クローンiPhoneの作り方を実際に検証した結果
iPhoneのウラ技でアンテナ表示を数字に切り替え
iPhoneのバックアップにiTunes以外を使ってみる
iPhoneの写真は削除したつもりでも復元できる

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事