ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iOS12の新機能「計測」アプリどこまで使える?

iOSの最新版iOS12の大きな売りとして、AR機能が大幅に強化されたことがあります。この機能を活用したアプリとして、身近なものの長さが簡単に測れる「計測」というアプリが標準で搭載されています。果たして、この計測アプリがどの程度の実力なのか、調べてみました。


スポンサーリンク
iOS12の新機能「計測」アプリどこまで使える?

iPhoneを横に振り振りして測定開始

iOS12から標準搭載のアプリに「計測」が加わりました。このアプリは、iPhoneやiPadのカメラとAR機能を使い、手近なものの長さを測定するというものです。iPhoneでは初期設定でホーム画面にアプリのアイコンが置かれています。

計測アプリを起動するとカメラ映像に切り替わり、iPhoneを左右に何度か振ると長さが計測できるようになります。これは、iPhoneのAR機能に画面上の平面を認識させるための作業です。

測定自体の方法は簡単で、画面中央に表示される丸印を測りたい場所の片端にあわせてタップ。画面を移動させると画面上に巻尺表示が現れるので、もう片端まで動かしてタップすれば測定完了です。

計測アプリで測れるのは1cm単位

計測アプリが測る長さの単位は1cmで、それほど細かい長さに対応しているわけではありません。とはいえ、定規や巻尺を当てづらいものや、高くて手が届かない場所まで測れるのは便利だといえます。

また、測れる場所はiPhoneから見て約3m程度までです。これは、AR機能で認識できる距離の限界から来るものと思われます。計測アプリで東京スカイツリーの高さを測ることはできませんが、室内で使う分には十分なものです。

それでは、計測アプリで長さを測った精度はどの程度のものなのでしょうか。ある程度サイズがわかっているスマホと新書本について、実際に測って試してみました。


スポンサーリンク

計測アプリの測定誤差は1cm程度

用意したスマホのサイズは縦147mm、横70mm、斜め159mmです。これを計測アプリで測定すると、縦14cm、横6cm、斜め15cmになりました。新書本の場合、サイズは縦182mm、横103mm、斜め219mmで、計測アプリの測定は縦17cm、横11cm、斜め20cmでした。

この結果から、計測アプリには約1cm程度の誤差があるようです。誤差1cmというと大きいと感じる人も多いと思いますが、おおよそのサイズを確認するには十分ともいえます。

また、ここまで紹介した測定値はスマホや新書本を正面から測ったものですが、測定アプリは斜め方向からでも測ることができます。試しに新書本を斜め方向から測ると、縦16cm、横11cm、斜め18cmと誤差が大きくなりました。計測アプリを使う際にはできるだけ正面から使った方がよさそうです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事