ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhoneのトラックパッド表示は「空白の長押し」

iPhoneではメールやメモなどの文字入力で、キーボードの一部分を軽く押し込むとトラックパッドが現れ、カーソルを自由に移動できるようになります。ただし、この機能は力加減によっては文字候補が表示されたりしてうまく動作しません。そんな時は「空白の長押し」することで確実にトラックパッドを表示できます。


iPhoneのトラックパッド表示は「空白の長押し」

iPhoneトラックパッドでカーソル移動

iPhoneで文字入力をしていて、言葉を追加したり削除するためにカーソルを移動する時、入力されている文字を直接タッチして、カーソルを移動しているという人は多いはず。そんな時に便利なのが、キーボードでカーソルを移動する機能。キーボードの一部分を強く押すとカーソルを自由に移動させることができるのです。

実際にキーボードを強く押すと、キーボードの文字が消えてトラックパッドのような表示に変更。そのまま指をスライドさせればカーソルを自由に移動できます。文字選択をしたければ、さらに強く押し込んで指を移動させればOK。文字選択は、別の指でキーボードのグレー部分をタップすることでも可能です。

ただし、このトラックパッドを表示させる時、押す力が弱いと文字候補が表示されたりしてうまく動作しないこともしばしば。そんな経験から、トラックパッドを使わなくなったという人も多いでしょう。

空白の長押しでトラックパッド表示

そんな時に活用したいのが「空白の長押し」です。空白キーであれば強く押すことなく、長く振れているだけで仮想トラックパッド表示に切り替わります。横長キーボードであれば「Space」キーの長押しです。

実は、これまでキーボードカーソル機能は、3D Touchに対応していないiPhoneでは利用できませんでした。それがiOS12からは空白キーの長押しで3D Touch非対応のiPhoneでも、このカーソル機能が使えるようになったわけです。

このほか、iPhoneの文字入力で知っておくと便利なのが「カギカッコ」の簡単な入力方法。実は「や」のフリック入力で選択できます。「や」を押して左にフリックすればカッコ開き、右にフリックするとカッコ閉じが表示されます。変換候補には、カッコや二重カギカッコなども表示されるので入力の手間が大幅に削減されるのです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事