ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhoneのマズイ写真は完全削除しないと危険な件

スマホはプライベートな写真の宝庫。もしiPhoneのマズイ写真を消したいなら、ゴミ箱を押して「写真を削除」するだけでは不十分です。30日以内に削除した写真は「アルバム」から簡単に復元できてしまいます。iPhoneで見られたくない写真があるなら、しっかり完全削除する方法を知っておいて損はありません。


iPhoneのマズイ写真は完全削除しないと危険な件

iPhoneの写真は削除しても残る

iPhoneを操作していて、誤って写真を削除してしまったことがあるはず。iPhoneはiOS8以降には削除した写真を復元する機能が追加されています。iPhoneの写真のアルバムにある「最近削除した項目」から復元可能です。

iPhoneの写真はゴミ箱を押して「写真を削除」しても、30日以内ならここに残ったまま。実際に見てみると、削除したはずの写真が一覧で表示されて、ちょっとドキッとするはず。削除までの日数も表示されています。復元したければ、写真を選択して右下の「復元」から「写真を復元」を選びます。

また、一覧されている写真すべてを復元することも可能。その場合は、右上の「選択」をタップしたあと、右下に表示される「すべて復元」を選択します。このようにiPhoneの写真は削除しても、簡単に復元できるのです。

iPhoneの写真を復元させない方法

他人に見られては困るようなiPhoneの写真は、完全削除しなければなりません。iPhoneの写真を完全削除する方法は「最近削除した項目」で写真を選択して、左下の「削除」をタップ。これで完全削除できます。

一覧されている写真すべてを完全削除することも可能。その場合は右上の「選択」をタップしたあと、左下に表示される「すべて削除」を選ぶのです。

ちなみに、Androidスマホの写真もデータ復元アプリを使うことで復元できます。例えば「消した画像を復元」アプリを使えば、簡単な操作で一度消してしまった写真を復元できるかもしれません。

写真を復元させる手順は、アプリを起動して「内部ストレージ」をタップ。これで消した写真が一覧で表示。あとは、写真を選択して右下の「復元する」ボタンをタップ。「消した画像を復元」フォルダに写真が保存されます。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事