ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

「EarPods」音漏れ防止&低音強調のお手軽改造

iPhoneユーザーにはおなじみの純正イヤホン「EarPods」と「AirPods」。Appleらしいスタイリッシュな仕上がりになっていますが、そのぶん使い勝手が悪い部分があるのも事実。そこで、Apple純正イヤホンを分解することなくできるお手軽な改造で、装着感や音漏れを改善する方法を紹介しましょう。


「EarPods」音漏れ防止&低音強調のお手軽改造

EarPods前面の穴をふさいで音漏れ防止

iPhoneに付属する有線タイプのイヤホン「EarPods」は、穴をテープでふさぐだけで驚くべき変化が現れます。カスタマイズの方法は簡単。前面の穴にビニールテープを貼るだけで完成です。

まず音漏れがかなり減少されるので電車内でも安心です。そして、穴を塞ぐことで低音が強調されます。これは多少好みが分かれるかもしれませんが、EDM好きにはオススメです。

超優秀なノイズキャンセリングを搭載した、完全分離式のBluetoothイヤホン「AirPods Pro」。初期の「AirPods」よりは装着感が向上したとはいえ、ランニングや歩いている最中に落としてしまいそうで不安…という人も多いはず。そこで、専用の改造アイテムを装着することで、安定した装着感が得られるようにしてみましょう。

用意するのは、IUGGAN「AirPods Proイヤーピース」で実勢価格は899円です。シリコン状のイヤーフックが耳にしっかりフィットするので、ランニング中でも落ちる心配がありません。充電ケースにははまらないのでその都度取り付ける必要はありますが、かぶせるだけなので簡単です。

AirPods Proにウレタンフォーム装着

また、AirPods Proは「SymbioEartips」(実勢価格1,527円)のウレタンフォームを装着すると、遮音性が高まり、ノイズキャンセリングの効きも良くなります。

改造方法は「Symbio Eartips」のイヤーチップからウレタンの形状記憶フォームだけを取り外して、AirPods Proのイヤーピースに移植。耳穴との隙間を埋めることでフィット感が生まれ、遮音性も高まるというわけです。

まずSymbio Eartipsを分解。外側の黒いシリコンを裏返して、オレンジ色のフォームを取り外します。続いて、AirPods Proのイヤーピースを取り外してください。

なかなか取れないので「壊れるのでは?」と心配になりますが、引っ張るだけでOK。AirPods Proのイヤーピースをひっくり返して、SymbioEartipsの形状記憶フォームを装着したらカスタマイズは完了です。

■「イヤホン」おすすめ記事
ダイソーのイヤホンを高級機並みに変える裏ワザ

■「改造」おすすめ記事
ダイソーのプチ電車をプラレールで走らせる改造
音質が評判の「ダイソーUSBスピーカー」を改造
100均のLEDライトを自転車用に防水化してみた
100均の充電器で過放電の充電池が復活した理由
100均の充電池を2年間使い続けた結果とは?
乾電池の液漏れ対策に使える意外な100均アイテム
100均レインコートを選ぶならセリアかローソン
使えなかったエネループが100均の充電器で復活
見かけたら即買いの「100均工具」おすすめ4選

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。