ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ダイソーのイヤホンを高級機並みに変える裏ワザ

屋外でも音楽を手軽に高品質で楽しみたいと高級イヤホンが人気です。とはいえ、イヤホンに数万円もお金を出せるのはほんの一部の富裕層のみ。一般庶民は100均ショップで売られているイヤホンで我慢するしかありません。しかし、216円で買えるダイソーのイヤホンを高級機並みの音質にする裏ワザがあるのです。


スポンサーリンク
ダイソーのイヤホンを高級機並みに変える裏ワザ

ダイソーで買える216円のイヤホン

100均ショップ・ダイソーで買える216円のイヤホンは、あるセッティングをすることで、まるで3万円超えの高級イヤホンのような音質に大変身させられます。ダイソーの216円イヤホンは、ボール・カップ・ラウンドの3タイプ。この高音質化テクによって話題になり、売り切れ店が続出しているといいます。

まずはダイソーのイヤホンの実力をチェックしてみます。聞いてみると低音が軽くスカスカで、全体的にこもった印象。お世辞にも音質が良いとはいえません。

そこで利用するのが、メディアプレーヤーアプリなどに搭載されているイコライザ機能です。中音域(900Hz程度)を限界まで下げ、逆に高音域は上げます。低音はブーストしてみましょう。

ダイソーのイヤホンが高級機並み

これだけでダイソーの激安イヤホンが、まるで3万円超えの高級機のような音に大変身します。今回、使用したアプリは「Onkyo HP Player」。オーディオメーカーならではのクオリティを追及して開発したミュージックアプリです。

最初に使用機種を問われるので「other」を選択。聞きたい曲を選びます。ここでイコライザで中音域を下げ、低音と高音を上げて波形を調整。すると、こもっていた音質が改善され、全体的に解像度の高いクリアな音質に変化するのです。

スカスカだった低音もしっかりと鳴るようになり、216円とは思えない驚きのビフォーアフター。実際に高級イヤホンと聞き比べると、同程度とは言えないもののかなりいい線でした。メディアプレーヤーアプリ搭載のイコライザでチューニングすれば、ダイソーのイヤホンは高級機並みの音質に大変身するのです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事