ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

音質が評判の「ダイソーUSBスピーカー」を改造

ダイソーの「USBミニスピーカー」は、330円ながら高音質でコスパが良いと評判です。ただし、内蔵のICチップが中華製の「FH8002D」のため低音が弱いというのが弱点。そこで、ネット上では多くのDIYマニアが高音質化の工夫や改造を披露しています。ダイソーUSBスピーカーを高音質化する方法を見ていきましょう。


音質が評判の「ダイソーUSBスピーカー」を改造

ダイソーUSBスピーカー内にフェルト

ダイソーの「USBミニスピーカー」は出力3W×2で、周波数帯域は35Hz~20kHzとなっています。サイズ/重さは63W×75H×55Dmm/300g。価格は330円です。

さっそくダイソーUSBスピーカーを高音質化する手順を見ていきましょう。ICチップを低音に強い「HXJ8002」などに交換するという改造方法もありますが、より手軽に高音質化する方法があります。よく知られているのが、フェルトを吸音材として内側に貼り付ける方法です。

具体的には、吸音材として使用されるニードルフェルトの代わりに、ダイソーのフェルトを内部に敷きます。そして、スピーカーとグリルをグルーガンで接着。密封することで音が逃げるのを防止します。

ダイソーUSBスピーカーの低域を増幅

実際に、フェルトで音質アップしたダイソーUSBスピーカーを音質測定アプリ「Audio-Technica Installed Sound」で測定してみました。すると、低音域が少し強化されていることがわかります。

さらに、スピーカーユニットを入れる箱を大きくして低域を増幅させる改造も行いました。使用するのは110円で買える「ケーブルボックス」です。USB充電池と組み合わせて、ボックス型スピーカーに改造します。

ケーブルボックスの底面と側面にアルミ板を貼り、フェルトで全体を覆ってください。スピーカーユニット用の穴をあけ、グルーガンで接着します。2つのスピーカーの間をアルミ板で仕切れば完成です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事