ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhoneの「スクリーンタイム」を解除する裏ワザ

iPhoneでは利用制限に「スクリーンタイム」という機能を使用します。常時使えるアプリ、使用時間を制限するアプリというように細かく設定でき、子どものスマホの使い過ぎを簡単に防げるのです。また、1日の使用時間も確認可能なため、どのくらいの時間、スマホを利用しているかも把握できます。利用制限を巡る親子の攻防戦を見ていきましょう。


iPhoneの「スクリーンタイム」を解除する裏ワザ

iPhoneスクリーンタイムで利用制限

iPhoneの「スクリーンタイム」は、常時使えるアプリ、使用時間を制限するアプリというように細かく設定でき、スマホの使い過ぎを簡単に防げる機能です。スクリーンタイムの設定時に子ども用の設定を選ぶことで、より細かい制限がかけられるようになります。

具体的には「設定」にあるスクリーンタイムの設定画面で、1番上にある「休止時間」を選択してオンにします。ここで、子どもにスマホを使わせない時間帯を設定。毎日、または曜日ごとに細かく指定できます。

すると、指定した時間になると通知が届き、スマホの利用が制限。電話や時計以外のアプリにブロックがかかる仕組みです。子供がスマホを利用できる時間帯を制限できます。

iPhoneスクリーンタイムを解除する

スクリーンタイムの利用制限を解除するにはパスコードの入力が必須ですが、じつは分からなくても手はあります。それがLINEです。LINEにはアプリ内ブラウザが用意されており、Safariを使わなくてもネットサーフィンが無制限に楽しめるわけです。

たとえSafariの利用が制限されていても、LINEのアプリ内ブラウザは対象外。親子の連絡手段にLINEを使っている場合、スクリーンタイムの制限対象外になっていることも多く、子どものネット接続の穴場となっています。

LINEの「ニュース」内の検索バーから、Web検索が可能。Safari同様にブラウジングできます。また、自分だけのトークルームにURLを送っておけば、そのURLからブラウザを利用できるのです。

■「iPhone」おすすめ記事
iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違っていた
iPhone浮気調査!恋人の着信履歴を自分の端末で!?
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iPhone「空白の長押し」意外と知らないテク集
iPhone無音カメラはマイクロソフト製が高機能
iPhoneでも手軽に通話を録音する方法があった
iPhone画面が勝手に下がるのは「簡易アクセス」
iPhoneは自動録音アプリで盗聴器になる危険
iPhoneのGPS位置情報を好きな場所に偽装する方法

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事