ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

LINEの通話が録音できるiPhone標準機能とは?

友だちや家族との連絡手段として欠かせない存在といえる「LINE」には、メッセージのやり取りができるトークのほかに、音声通話を楽しむことができます。そんなLINEの通話を録音したいと思った時、iPhoneに標準搭載されている「画面収録」の機能を使うと簡単です。ただし、LINE通話の録音には事前の設定が必要になります。


LINEの通話を録音するなら「画面収録」が簡単

LINEの音声通話の録音に画面収録

LINEで音声通話を録音したい時は、iPhoneの標準機能「画面収録」を使うのが便利です。画面収録は、iPhoneの画面内を動画として記録する機能です。マイクオーディオからの音声録音にも対応しているため、LINEと同時に起動することで、LINEの音声通話を動画ファイルとして写真アプリに保存できます。

LINEの通話を画面収録で録音するには、まずLINE側の設定が必要です。LINEを起動して「設定」→「通話」をタップ。その中の設定項目にある「iPhoneの基本通話と統合」をオンにしなければなりません。

続いてはiPhone側の設定です。「設定」から「コントロールセンター」→「コントロールをカスタマイズ」を選択。「画面収録」を「含める」に移動させます。

LINEの通話の録音データの保存先

最後は、画面収録の設定です。ホーム画面のコントロールパネルで「画面収録」のアイコンを強く押し込むか長押し。すると画面収録の設定画面が開くので「マイクオーディオ」を「オン」にします。

あとはiPhoneにイヤホン(マイク無しのイヤホンでOK)を装着したらLINEの音声通話の録音準備が完了。LINEでターゲットとなる相手に電話し、コントロールパネルから画面収録ボタンをタップすればOKです。

LINEの音声通話の録音を停止するには、再び画面収録ボタンをタップします。これでLINEの通話を録音したデータは、iPhoneの「写真」アプリ内に動画として保存されるというわけ。動画を再生すれば録音した通話を聞くことができます。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事