ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

LINEの音声通話をiPhoneでサクッと録音する方法

LINEの便利な機能として、音声通話やビデオ通話があります。携帯電話回線と違い電話料金不要で使えるため、ふだんの連絡に活用している人も多いでしょう。そして、iPhoneであれば標準アプリを利用して音声通話やビデオ通話を録音・録画することもできます。ただし、LINEアプリとiPhoneのコントロールセンターにちょっとした設定が必要です。


LINEの音声通話をiPhoneでサクッと録音する方法

LINE音声通話の録音にiPhone標準機能

LINEの音声通話を録音するには、iPhone標準の「画面収録」機能を使うのが便利です。画面収録は、iPhoneの画面や音声を動画として取り込む機能で、iOS11以降から搭載。LINEだけでなくさまざまなアプリの録音・録画にも対応しています。ただし、録音には別途設定が必要なアプリもあり、LINEもそのひとつです。

LINEアプリで録音を行う場合、アプリ起動後に「設定」→「通話」をタップ。表示された設定メニューのなかにある「iPhoneの基本通話と統合」をOFFにします。この機能をOFFにすると、LINEのタイムラインに通話履歴が残らなくなるため、録音が必要がない場合はONに戻すようにします。

LINEの設定終了後、次にiPhoneのコントロールセンターでの設定を行います。方法は、「設定」→「コントロールセンター」→「コントロールを追加」(iOS13以前は「コントロールをカスタマイズ」)を選択。「画像収録」の横にある「+」ボタンをタップします。

LINE音声通話の録音ファイルの場所

これでLINEの音声通話録音の準備は完了。画面収録機能を開き、マイクをオンに設定のうえ「○」ボタンをタップすると、画面の録画と音声録音がスタートします。ここで注意したいのは、LINEの音声録音はイヤホンを接続しないと行えない点です。ただし、イヤホンはマイク内蔵でないものでもOKです。

画像収録が録音状態になったあとは、LINEアプリを再び開き音声通話を開始。通話終了後は、再び画像収録機能を開き「○」ボタンをタップすると、音声録音も終了となります。

録音したLINEの音声通話の内容は、音声ファイルではなく動画ファイルとしてiPhoneの「写真」アプリに動画として保存されます。録音内容を再生するには、「ライブラリ」内に並ぶ写真や動画のなかから録音した時刻を元にファイルを探し、それをタップすればOKです。

■「LINE」おすすめ記事
LINEトークをiPadから盗聴する方法とは
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
LINEふるふる機能で知らない人と知り合う
LINEのセキュリティを上げるための6つの設定
LINEのPINコード導入のきっかけとなった事件
LINE新規登録に2台持ちガラケーでアカウント開設
LINEがブロックされているかを確認する方法
LINEで既読にならないメッセージ閲覧の注意点
「LINE LIVE」はPCでもスマホでも楽しめる
LINEが丸見えになる監視アプリ「Spyzie」入手法

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事