ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

バンド

キャバクラで意思疎通に使われるハンドサイン集

英語のキャバレーとクラブを合わせた和製英語が「キャバクラ」。大人の娯楽の1つ「キャバクラ」には、騒がしい店内でスタッフと意思疎通を図るためのハンドサインが存在します。知っていれば女の子との会話[…続きを読む]

元キャバ嬢がレクチャーする店内のハンドサイン

大人の社交場「キャバクラ」には、騒がしい店内でボーイと意思疎通を図るためのハンドサインや、独特のキャバクラ用語が存在します。キャバクラ用語やハンドサインを知っていれば、女の子との会話が盛り上が[…続きを読む]

全長の短いミニアンテナがしっかり機能する理由

空港の展望デッキなど、人が大勢いる場所でエアーバンド(航空無線)を聞く時は、人目を避けてこっそりと受信したいもの。その思いとは裏腹に、目立ってしまうのが黒くて長いアンテナです。これを短いアンテ[…続きを読む]

エアーバンドで日本語が聞こえたらトラブル発生

エアーバンドの交信は英語が基本。航空無線を運用するための無線従事者の資格「航空無線通信士」の国家試験でも、英語が試験科目に含まれるほど重要です。試験の難易度は、英検準2級程度とされています。そ[…続きを読む]

エアーバンドは航空機の動きで周波数を切替える

航空機のパイロットと空港にいる管制官との無線交信がエアーバンドです。エアーバンドは特徴の1つが周波数が変わっていくこと。エアーバンドの舞台となる空港にはたくさんの周波数が割当てられ、各管制席に[…続きを読む]

音楽フェスの最新の偽造リストバンド対策とは?

野外で行われる大型フェスの場合「スタッフの目を盗んで勝手に会場に入り込む」というのは、よくある手口です。4年間で世界50以上の音楽フェスに不法侵入し続けたという猛者もいるほど。そんな不正入場の[…続きを読む]



大規模フェスで横行するリストバンド偽造の実態

音楽フェスで毎年問題となるのが、リストバンドの偽造です。複数のステージを設けた大規模な音楽フェスでは、観客に専用のリストバンドを装着させ、これを会場スタッフがチェックすることで自由にステージ間[…続きを読む]

エアーバンドがデジタル化されることがない理由

エアーバンドとは航空無線のこと。おもしろ無線の受信ジャンルの王道です。おもしろ無線はいま、消防無線など多くのジャンルでデジタル化が進行中。しかし、エアーバンドはデジタル化されることはありません[…続きを読む]


オススメ記事

LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEのトーク内容は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、LINEのトーク内容を探偵が入手する手口を見ていくとともに[…続きを読む]

盗聴はアプリを入れればできる

盗聴といえば、自宅や会社など目的の場所に直接「盗聴器」を仕掛ける電波式盗聴が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した“デジタル盗聴”が[…続きを読む]

チョコボールのエンゼルを見分ける方法

おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボールのエンゼルを見分ける方法を紹介しましょう。1番[…続きを読む]

iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違う

iPhoneには伝統的に受け継がれている裏ワザがあります。もちろん最新のiPhone6でも健在なその裏ワザとは、隠しコマンドで起動するフィールドテストモードです。そして、この裏ワザでわかる使用[…続きを読む]

LINEを既読つけないで読む方法

LINEで「既読」をつけないで読む方法を紹介しましょう。LINEはメッセージを読んだ瞬間、相手に既読の通知が届きます。しかし「機内モード」でメッセージを読めば、既読がつかないのです。ただし、解[…続きを読む]