ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

エアーバンドで日本語が聞こえたらトラブル発生

エアーバンドの交信は英語が基本。航空無線を運用するための無線従事者の資格「航空無線通信士」の国家試験でも、英語が試験科目に含まれるほど重要です。試験の難易度は、英検準2級程度とされています。そんな英語が基本のエアーバンドで日本語が使われる時とはどんな事態なのでしょうか?


スポンサーリンク
エアーバンドで日本語が聞こえたらトラブル発生

エアーバンドでやむを得ず日本語

英語の交信がエアーバンドに難しさを感じる部分ですが、基本的なフレーズをいくつか覚えるだけで十分に楽しめます。例えば管制の交信で、頻繁に出てくる単語は「クリアー」です。

管制官が「クリアード フォー テイクオフ」と言えば、航空機は離陸します。着陸する前には「クリアー トゥランド」と、着陸許可を出します。この2つのフレーズに聞き耳を立てていれば、航空機の離着陸シーンを見逃すことはありません。

エアーバンドで使用する英語はその時々で数字などが変わりますが、定型句の組み合わせのようなもの。管制方式基準などで「こういう時は、このように指示する」と定められているため、短い言葉でも指示が確実に伝わるようになっています。

しかし、イレギュラーな状況が発生した場合は、定型句では細かいニュアンスが伝わりづらいので、エアーバンドでやむを得ず日本語を使用する場合もあるのです。パイロットから管制官に「日本語で申し上げます」と前置きすることもあります。

エアーバンドの日本語はトラブル

続いて「E-2とE-3の間の緑地帯に、鳥が多数いますので情報あげておきます」といったような感じで情報を伝えたり、要求することがあるのです。また、エアーバンド英語に慣れていない小型機のプライベートオーナーが、頻繁に日本語で確認していたりする様子が聞こえてくることも…。

機体の故障や事故といった大きなトラブルが発生した場合と、それに伴う航空機に対する指示には、日本語が使われることが多くなります。エアーバンドから日本語が聞こえてきたら、何か大きなトラブルが起こっていると考えていいでしょう。

実際、東京国際空港で発生した大韓航空機のエンジン火災事故では、管制波で日本語を多用。入域管制がダイバート(目的地外着陸)を指示、地上管制は消防車の進入を告げていました。

■「エアーバンド」おすすめ記事
航空無線は周波数は空港や航空路ごとに割り当て
航空無線の周波数を切り替えながら航空機は離陸
戦闘機のパイロットが使う秘密の航空無線とは?
ブルーインパルスのパイロットが使う周波数は?
ブルーインパルスのパイロット同士の交信を聞く
ブルーインパルスの演技で機体の最短距離は1m

■「飛行機」おすすめ記事
世界中の飛行機の動きを追えるマニアックアプリ
飛行機の座席はどこに座るのが一番安全なのか?
飛行機の荷物が優先的に出てくるテクニック
飛行機の遅延補償はクレジットカードを活用

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事