ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

事故

飲酒運転の事故は一発で免許取消になる危険行為

さまざまな交通違反のなかでも、厳しく取り締まられているものが「飲酒運転」です。警察による検問で引っかかってしまうと、最低でも免許停止になります。さらに、飲酒運転の場合はスピード違反などと違い、[…続きを読む]

高齢者ドライバーの事故は何歳以上から危ない?

最近、高齢者ドライバーによる交通事故の報道が目立っています。体力や反応力は20・30代と比べ、40代を過ぎると衰えてきますが、一方で運転経験は若者と比べ積んでいる人が多いのも確か。また、クルマ[…続きを読む]

交通死亡事故統計から見た大津市の園児死傷事故

2019年5月8日、滋賀県大津市の交差点での自動車事故のあおりを受け、歩道で信号待ちをしていた幼稚園児が死亡するという痛ましい事件がありました。実は、この種の交通事故は毎年少ないながらも発生し[…続きを読む]

自動車事故で最も生存率が高いのは運転席の後ろです。まず日本の道路で起こりやすい右折時の自動車事故では、犠牲になりやすいのは左側席。加えて、後方中側の席は、自動車事故の衝撃でフロントガラスを突き[…続きを読む]

電車はパンタグラフが付いた車両に乗るべき理由

電車事故を避けるなら、先頭車両から4両目くらいまでは脱線のリスクが高。電車に乗るなら中央より後ろの車両が安心です。さらに、電車事故に備えるために重要なのが車両選び。モーターが付いている車両「モ[…続きを読む]

事故車を見分ける4つのチェックポイントとは?

中古車を購入する時のチェックポイントとして、一般的には年式と走行距離の少なさのみから選びがちです。しかし、それだけではチェック不足。クルマに事故歴がある事故車でないかは重要なチェックポイントで[…続きを読む]



バスに乗るときは事故に備えて中央通路側に座る

走行中の大型バスに対向車線から飛び出してきた乗用車が衝突する事故が起きたばかり。バスによる事故があとを絶ちません。事故に遭わないように気を付けるのは当然ですが、事故に遭った時に生存率が高い座席[…続きを読む]

電車事故で安全なのはパンタグラフが付いた車両

通勤や通学に電車を利用する人は多いはず。電車は身近な乗り物だけに、事故がおきたときの危険度は知っておきたいところでしょう。電車事故で安全な車両は、5~6両目の「モハ」車両になります。そして、モ[…続きを読む]

カーシェアで電柱にブツけたら補償はどうなる?

カーシェアを利用する上で心配なのが、事故などで車を傷つけたときの補償。万一の事故に備えて、カーシェア利用料金に補償が含まれてはいますが、どう適用されるかはそのときにならないとわかりません。そこ[…続きを読む]

電車事故を避けるなら5~6両目のモハに乗る

電車事故を避けるなら、先頭車両から4両目くらいまでは脱線のリスクが高いもの。電車に乗るなら中央より後ろの車両が安心です。さらに、電車事故に備えるために重要なのが車両選び。モーターが付いている車[…続きを読む]


オススメ記事

LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEのトーク内容は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、LINEのトーク内容を探偵が入手する手口を見ていくとともに[…続きを読む]

盗聴はアプリを入れればできる

盗聴といえば、自宅や会社など目的の場所に直接「盗聴器」を仕掛ける電波式盗聴が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した“デジタル盗聴”が[…続きを読む]

チョコボールのエンゼルを見分ける方法

おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボールのエンゼルを見分ける方法を紹介しましょう。1番[…続きを読む]

iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違う

iPhoneには伝統的に受け継がれている裏ワザがあります。もちろん最新のiPhone6でも健在なその裏ワザとは、隠しコマンドで起動するフィールドテストモードです。そして、この裏ワザでわかる使用[…続きを読む]

LINEを既読つけないで読む方法

LINEで「既読」をつけないで読む方法を紹介しましょう。LINEはメッセージを読んだ瞬間、相手に既読の通知が届きます。しかし「機内モード」でメッセージを読めば、既読がつかないのです。ただし、解[…続きを読む]