ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

大型バスは「中央通路側」の座席を選ぶべき理由

走行中のツアーバスがハイヤーに追突する事故が起きたばかり。バスによる事故があとを絶ちません。事故に遭わないように会社選びに気を付けるのは当然ですが、事故に遭った時に生存率が高い座席を選ぶことも大切でしょう。大型ツアーバスの事故では、中央通路側の座席が最も生存率が高くなります。


大型バスは「中央通路側」の座席を選ぶべき理由

バス事故で前方左側は犠牲者が多い

2016年1月、長野県軽井沢で運転手2名を合わせて15名もの犠牲者を出すバスの大事故が発生しました。このバス事故では、座席を前方右側・前方左側・中右側・中左側・後方と分けると、乗客の生存率に偏りがありました。

報道によると、このバス事故で最も生存者が多かったのが「中右側」で、全犠牲者中の4%だったとのこと。反対に、最悪の38%が「前方左側」の座席の乗客でした。また、比較的に安全なイメージの「後方」は17%で、2番目に多くの犠牲者が出たことが分かっています。

日本交通事故鑑識研究所によると「交通事故の生存率は事故のケースごとに異なりますが、大型バスは真ん中通路側が最も安全」といいます。その理由を詳しく見ていきましょう。

バス事故で後方席は飛び出しやすい

バスは構造上、最も強度があるのが前方・後方の4隅です。サイドや天井は軽量のために強度は高くありません。また、最近は大きな窓のバスが主流となっていて、事故の際は窓側の危険度が増しているのです。

さらに、前方左側や後方に犠牲者が多かった理由は「前方左側は、前面の窓から車外放出される可能性があります。さらに、対向車と衝突する際に運転手が危険回避でハンドルを右に切る傾向があり、危険度は高い」のでした。

また「後方側は上段にあるので衝撃で飛び出しやすく、前の席に足がぶつかり切断するケースもあるため、座る時はあぐらをかくといい」とのこと。バス事故に備えて見晴らしがよく人気の「窓側・前方左側・後方」は避けた方が無難でしょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事