ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

受信機

広帯域受信機はアンテナ交換をして使うべき理由

広帯域受信機の性能を引き出すのは、電波の入り口となる「アンテナ」です。付属アンテナは、広帯域受信機の受信可能周波数範囲、例えば、0.1~1300MHzを同じ感度でまんべんなく受信できるワケでは[…続きを読む]

広帯域受信機で付属アンテナが力を発揮する場面

広帯域受信機の性能を引き出すのは、電波の入り口となる「アンテナ」です。付属アンテナをアンテナメーカーの高性能な製品に交換すると、聞こえる無線が増えるというのが通説でした。しかし現在は、付属アン[…続きを読む]

受信機が「アンテナ交換」で感度アップする理由

ハンディ受信機の感度に物足りなさを感じたら、受信機の性能を疑う前にアンテナに注目してください。電波の入り口であるアンテナを高性能な製品に交換すれば、ノイズ混じりの交信がクリアになったり、遠くの[…続きを読む]

2万円台「エアーバンド受信機」ベストバイは?

これからエアーバンドを始めるビギナーにとって、受信機の価格は重要なポイントです。そこで、3メーカーがラインアップしている、実勢価格が2万円台までのエアーバンド受信機の入門機3台をピックアップ。[…続きを読む]

エアーバンド受信機ベストバイ「IC-R30」の機能

現行モデル11機種のハンディ受信機&無線機の中から、エアーバンド受信に最適な買うべきハンディ機を決定しました。2020年のベストバイはアイコムの「IC-R30」。本来はデジタル対応受信機として[…続きを読む]

2万円を切るエアーバンド受信機「IC-R6」の魅力

エアーバンド受信機ベストバイであればアイコムのIC-R30ですが、これからエアーバンド受信を始めるビギナーにとって、実勢価格の81,500円はとても高価です。そこで3メーカーがラインアップして[…続きを読む]



受信機をスマホから遠隔操作できるアプリとは?

アイコムの受信機「IC-R30」は本体サイズが大きいため、屋外での受信では目立ってしまうことが難点。しかし、IC-R30はスマホ用のリモコンアプリを利用可能。スマホをいじるスタイルで無線を受信[…続きを読む]

ソニーが製作していた航空無線用の受信機とは?

ソニーは世界でも最大級のAV機器メーカー。ウォークマンをはじめとした革新的なモノづくり企業として知られています。そんなソニーが、かつては航空無線用の受信機を製作していました。1984年9月に発[…続きを読む]

受信機をリモートアプリでスマホから操作する

大きなボディで秘匿受信には向かないアイコムの受信機「IC-R30」ですが、スマホ用のリモコンアプリの登場で状況は一変。スマホをいじるスタイルで人知れず、おもしろ無線を受信できるのです。受信機を[…続きを読む]

3代目となったロングセラー受信機の人気の秘密

受信機の製品サイクルが長くなっています。2002年に発売されたロングセラーモデルがエーオーアールの「AR8200MARK3」。MARK3の名の通り、2度のマイナーチェンジを経たモデルです。初代[…続きを読む]


オススメ記事

LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEのトーク内容は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、LINEのトーク内容を探偵が入手する手口を見ていくとともに[…続きを読む]

盗聴はアプリを入れればできる

盗聴といえば、自宅や会社など目的の場所に直接「盗聴器」を仕掛ける電波式盗聴が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した“デジタル盗聴”が[…続きを読む]

チョコボールのエンゼルを見分ける方法

おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボールのエンゼルを見分ける方法を紹介しましょう。1番[…続きを読む]

iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違う

iPhoneには伝統的に受け継がれている裏ワザがあります。もちろん最新のiPhone6でも健在なその裏ワザとは、隠しコマンドで起動するフィールドテストモードです。そして、この裏ワザでわかる使用[…続きを読む]

LINEを既読つけないで読む方法

LINEで「既読」をつけないで読む方法を紹介しましょう。LINEはメッセージを読んだ瞬間、相手に既読の通知が届きます。しかし「機内モード」でメッセージを読めば、既読がつかないのです。ただし、解[…続きを読む]