ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

エアーバンド受信機ベストバイ「IC-R30」の機能

現行モデル11機種のハンディ受信機&無線機の中から、エアーバンド受信に最適な買うべきハンディ機を決定しました。2020年のベストバイはアイコムの「IC-R30」。本来はデジタル対応受信機として脚光を浴びたIC-R30ですが、アナログ受信機としての完成度が高く、現場で受信するエアーバンダーたちに支持されています。


エアーバンド受信機ベストバイ「IC-R30」の機能

エアーバンド受信機としての弱点

エアーバンド受信の現場とは空港の展望デッキや周辺の撮影スポット、航空祭の会場などです。これらの場所は、電波の発信源である管制塔や航空機が近くにあるので、強力な電波が飛んできます。

この状況であれば、IC-R30のエアーバンド受信機としての弱点として指摘されることが多い、限界付近での感度低下も問題にはならないからです。ただし、自宅で外部アンテナに接続して使うのは得意ではありません。混変調などに悩まされます。

ハンディ機を固定機として使うのであれば、不正な受信に強いエーオーアールのエアーバンド受信機「AR8200MARK3」の方が適しています。

IC-R30が、現場のエアーバンド受信で威力を発揮する、ベストバイに選ばれた機能を見ていきましょう。1つは「2波同時受信の完成度」です。2つのバンドでVHF帯とUHF帯のエアーバンドをフルカバーし、実用的な感度の中で2波同時受信ができます。

エアーバンド受信機で2波同時録音

AMモードの設定に制約はなく、V×VとU×Uの受信態勢が可能。民間と軍用どちらにも対応できるのが、多くのエアーバンダーに支持される理由です。アルインコの2波同時受信機「DJ-X11A」も、IC-R30と同様にV×VとU×Uの受信が可能ですが、サブバンドの225~335MHzの感度悪化が目立ちます。

エアーバンド受信機ベストバイに選ばれたもう1つの機能は「2波同時録音機能」です。2波同時録音機能は、2つのバンドに入感した受信音声を周波数と一緒に記録する、IC-R30だけが搭載する機能。この機能が重宝するのは航空祭。聞こえてきたコールサインや受信内容、使用周波数などをその場でメモする必要がなくなったからです。

一連の記録作業から解放されることで、展示飛行を見ることや機体の撮影に集中できます。加えて、Bluetoothイヤホンの使用やスマホからの操作など、IC-R30は現場でのエアーバンド受信のスタイルを劇的に変えました。IC-R30の実勢価格は81,500円です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事