ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

可搬式

可搬式オービスと固定式で取り締まり速度は違う

スピード違反を無人で24時間取り締まる装置「オービス」は、大がかりな設備が必要だった固定式が高速道路や幹線道路を中心に設置されてきました。一方、最近各地で目撃されている可搬式オービスは、生活道[…続きを読む]

可搬式オービスに新規参入するメーカーが判明した

全国各地で導入が進む可搬式オービスは、2022年度に新潟県警が導入を決めたことで、全47都道府県に配備されることになりました。新潟県警の可搬式オービスについては入札が行われ、7月にその落札結果[…続きを読む]

可搬式オービス対応のレーダー&レーザー探知機

レーダー探知機メーカーとしては老舗ともいえるセルスター工業から、この7月に新モデル「AR-37LC」が発売。2万円前後とリーズナブルな価格ながら、可搬式オービスが利用するレーダー波とレーザー波[…続きを読む]

可搬式オービス取り締まりにスピード抑止効果?

警察の可搬式オービスによる取り締まりについては、警察のお金儲けのためでは?という批判が常にあります。しかし、警察が取り締まりを行う際に大義名分としているのは「スピード抑止で事故を減らすため」と[…続きを読む]

可搬式オービスの危険度が低い都道府県はどこ?

全国各地でスピード違反取り締まりに使われている可搬式オービスは、ドライバーにとって脅威の存在です。しかし、可搬式オービスの導入台数は各都道府県警によりバラバラで、少ない県に住むドライバーのなか[…続きを読む]

MSSSの24GHz帯の誤警報が少ないレーダー探知機

レーダー探知機メーカーとしては、ユピテル・セルスター工業が老舗として知られていますが、昨年からクルマのチューニングパーツメーカーとして有名なブリッツが参入。現在、2022年モデルとなるTL40[…続きを読む]



可搬式オービスは15km/h未満の速度超過を無視?

全国各地でドライバーの脅威となっている可搬式オービスは、当初は道幅が狭く歩道がない生活道路を中心に速度違反を取り締まるといわれていました。さらに、固定式オービスと違って青切符の違反も取り締まる[…続きを読む]

可搬式オービスは1台で複数車線を速度計測可能

これまでオービスによる速度違反取り締まりは設置場所が固定されていたため、だいたいの位置を把握していれば対処できました。しかし、いま全国各地で配備が進んでいる「可搬式オービス」は、持ち運んでどこ[…続きを読む]

可搬式の普及でオービス取締り速度は変わったか?

自動速度取締り装置「オービス」は、これまで一般道で30km/h以上、高速では40km/h以上の速度違反を取り締まるとされてきました。しかし、ここ数年で導入が急速に進む「可搬式オービス」にはその[…続きを読む]

可搬式オービスも探知するユピテル最新モデル

レーダー探知機メーカー大手のひとつ、ユピテルから2022年モデルが発表され、販売がスタートしました。今回発表されたモデルのなかでも、最上位にあたるのが本体・アンテナがセパレートタイプの「LS2[…続きを読む]


オススメ記事

LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEの会話は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、LINEの会話を探偵が盗聴する手口を見ていくとともに、それを防ぐ[…続きを読む]

盗聴はアプリを入れればできる

盗聴器といえば、自宅や会社など目的の場所に直接「盗聴器」を仕掛ける電波式盗聴器が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した「デジタル式盗[…続きを読む]

チョコボールのエンゼルを見分ける方法

おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボール銀のエンゼルの確率と見分け方を紹介しましょう。[…続きを読む]

LINEを既読つけないで読む方法

LINEで「既読」をつけないで読む方法を紹介しましょう。LINEはメッセージを読んだ瞬間、相手に既読の通知が届きます。しかし「機内モード」でメッセージを読めば、LINEに既読がつかないのです。[…続きを読む]