ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

1万円のボタン型カメラはフルHDで明るく撮れる

ウェアラブルカメラの中でも「ボタン型カメラ」は想像以上に気づかれません。撮影対象の正面に陣取って撮影できるのもボタン型カメラのメリット。しかも、両手が自由に使えて自然に振舞えるので、怪しまれま[…続きを読む]

1万円で買えるメガネ型カメラのバレないレンズ

身体に装着することで自然に振る舞いながら撮影できるのがウェアラブルカメラのメリットです。そして、何かしらのトラブルがあり、証拠を収集したいという場合には「メガネ型カメラ」がウェアラブルカメラの[…続きを読む]

ボールペン型カメラは実際に書けるタイプが主流

室内/屋外を問わず使え、かつ録画中の配置変更も自然にできるのがモバイルツールカメラというカテゴリーです。その代表格となるのがボールペン型カメラになります。ある時は胸ポケット、またある時は手持ち[…続きを読む]

置き時計型カメラに仕込まれたレンズはどこだ?

スマホでいつでも録画できる時代になりましたが、自衛のための証拠撮りには周囲に溶け込む擬装カメラが必需品です。そこで、リビングルームやオフィスに置いても違和感を感じない、電化製品に擬装した最新の[…続きを読む]

ソニーのカメラ技術が満載の型落ちスマホとは?

型落ちスマホのおすすめが「Xperia 1 II」です。2020年2月に「Xperia PRO」と共に発表されたハイエンドモデルで、5月よりキャリア各社から順次発売。当時は各キャリア12万円程[…続きを読む]

スマートウォッチ型カメラのレンズ穴はどこだ?

腕時計やメガネなど身近なアイテムに擬装した小型カメラが「擬装カメラ」です。最近ではApple Watchなどの普及を受け、スマートウォッチ型の製品も登場しています。とはいえ、擬装カメラは人気の[…続きを読む]



ボールペン型カメラは老舗メーカーを選ぶのが吉

「擬装カメラ」とは、ボールペンやメガネなど身近なアイテムに擬装した小型カメラのこと。クレーム処理時の証拠撮りに使われるなど、ビジネスシーンでの擬装カメラの利用も広まりつつあります。そのためか、[…続きを読む]

スマートウォッチとしても使える隠しカメラ登場

優れたスパイカメラの条件の一つに“擬装度”があります。どんなにカメラ性能が優秀でも、携帯していて違和感があるとターゲットにカメラの存在バレてしまい“仕事”を果たせません。そうした中、時代にマッ[…続きを読む]

双眼鏡型ナイトビジョンは大型液晶で疲れにくい

ハンター・アイの「ARK-PR-NV900」は、双眼鏡のようなスタイルのナイトビジョンですが、撮像素子とレンズが入っているのは本体向かって右側だけ。左側は赤外線を照射するLEDが組み込まれてい[…続きを読む]

スマホ型の擬装カメラのレンズが上部にある理由

現代人の必需品として紛れるスマホ型の擬装カメラは、携帯電話時代も含めれば10年以上の歴史になります。擬装カメラメーカーのトップランナーであるサンメカトロニクスの最新スマホ型カメラを見ていきまし[…続きを読む]


オススメ記事

LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEの会話は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、LINEのトーク内容を探偵が入手する手口を見ていくとともに、それ[…続きを読む]

盗聴はアプリを入れればできる

盗聴器といえば、自宅や会社など目的の場所に直接「盗聴器」を仕掛ける電波式盗聴器が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した「デジタル式盗[…続きを読む]

チョコボールのエンゼルを見分ける方法

おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボール銀のエンゼルの確率と見分け方を紹介しましょう。[…続きを読む]

LINEを既読つけないで読む方法

LINEで「既読」をつけないで読む方法を紹介しましょう。LINEはメッセージを読んだ瞬間、相手に既読の通知が届きます。しかし「機内モード」でメッセージを読めば、LINEに既読がつかないのです。[…続きを読む]