ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

盗聴器

盗聴器を探す時にスキャンする周波数は何MHz?

盗聴器は多くの人が想像している以上にはびこっています。ハンディ受信機を持って街に出れば、住宅街やオフィス街、そして繁華街と大勢の人が集まる場所で盗聴器の電波を発見できるでしょう。ただし、盗聴器[…続きを読む]

スマホが盗聴器に変わる睡眠アプリの設定とは?

「外出中のデスク周りの様子を探りたい」「飲み会で自分が離籍した時の会話を録音したい」など、自分がいない時に何を言われているか気になる人は多いでしょう。そんな時は、自分のいびきや寝言を聞くための[…続きを読む]

仕掛けられた盗聴器から聞こえてくる音声とは?

盗聴波とは、情報収集器として売られている電波発信器を、悪意を持って盗聴器として使用した時の電波のこと。微弱電波の域を超えた盗聴器は違法な存在。当然ながら、割当て周波数などは存在しません。第三者[…続きを読む]

IC付近のホテル盗聴波を発見しにくくなった理由

盗聴器の電波が発見されやすい場所として知られているのが高速道路のインターチェンジ付近。多くの場合、ラブホテル街が存在しているため、何者かによって仕掛けられた盗聴波が発見されるケースが多いのです[…続きを読む]

見覚えのない電源タップが盗聴器か見分ける方法

盗聴器が発見される場所で最も多いのは、実はホテルではなく一般家庭です。しかも、盗聴器は年間30万~40万台が販売されているといわれています。発見される盗聴器はそのうちのわずか5%ほどでしかあり[…続きを読む]

2万円を切る盗聴器発見機能付き薄型ハンディ機

最近、デジタル無線対応の高性能な受信機が発売され、魅力的ではありますが、どれも大型。普段の持ち歩きの受信に、そこまでのハイスペックと大きさは必要かと思うことは多々あります。そこで、盗聴器発見機[…続きを読む]



業者向けに作られた「盗聴器発見アプリ」の実力

盗聴発見業者向けの盗聴器発見システム「iSPACE SEARCH」は、受信機とスマホを連動させた次世代スタイル。広帯域受信機の本体「EGM-2012iSPA」は電源ボタンのみで、すべてのコント[…続きを読む]

盗聴器の発信源を特定する時は左回りで追い込む

ビルが建ち並ぶ市街地で、クルマに乗って盗聴波をスキャンしていると、交差点で「ザザッ」と一瞬だけ入感することがあります。交差点は四方に開けているため、ビルの谷間を伝わった電波が飛び込んできやすい[…続きを読む]

お

盗聴発見系のドキュメントが、度々テレビで放送されます。盗聴発見業者がクルマで街中を巡回しながら、受信機をスキャン。そこで見つかる盗聴器は、ほとんどが三叉ソケット型です。ただし、擬装型の盗聴器は[…続きを読む]

盗聴器を探す時の会話は「筆談」にするべき理由

「盗聴されているかも」と感じたら、まず疑うべきは電波式盗聴器です。誰でも簡単に仕掛けられる電波式盗聴器ですが、電波が出ているため受信機で探すことができます。そこで、室内で盗聴器の探す時に、覚え[…続きを読む]


オススメ記事

LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEのトーク内容は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、LINEのトーク内容を探偵が入手する手口を見ていくとともに[…続きを読む]

盗聴はアプリを入れればできる

盗聴といえば、自宅や会社など目的の場所に直接「盗聴器」を仕掛ける電波式盗聴が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した“デジタル盗聴”が[…続きを読む]

チョコボールのエンゼルを見分ける方法

おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボールのエンゼルを見分ける方法を紹介しましょう。1番[…続きを読む]

iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違う

iPhoneには伝統的に受け継がれている裏ワザがあります。もちろん最新のiPhone6でも健在なその裏ワザとは、隠しコマンドで起動するフィールドテストモードです。そして、この裏ワザでわかる使用[…続きを読む]

LINEを既読つけないで読む方法

LINEで「既読」をつけないで読む方法を紹介しましょう。LINEはメッセージを読んだ瞬間、相手に既読の通知が届きます。しかし「機内モード」でメッセージを読めば、既読がつかないのです。ただし、解[…続きを読む]