ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

盗聴器

盗聴器発見は3つの周波数だけ調べればよい理由

他人のプライバシーを電波に乗せて赤裸々に暴くデバイスが「盗聴器」です。1980年代に工業製品として盗聴器が大量生産され始めると、VHF帯の周波数が使われるようになりました。しかし、1990年代[…続きを読む]

なぜ盗聴器発見業者への依頼は6月と12月に多い?

室内に盗聴器を仕掛けて話し声などを盗み聞く盗聴行為は、映画やドラマだけの話ではありません。一方で、実際の盗聴行為の数十倍、数百倍もの「被害妄想」が存在するのもこれまた事実です。盗聴器発見業者へ[…続きを読む]

自宅に盗聴器がないかチェックすべき6つの場所

室内の音声をマイクで拾って、それを電波で送信するのが「盗聴器」の仕組み。音声を効果的にキャッチしたり、電源の確保を考えると、盗聴器が仕掛けられる場所は自ずと限られます。そこで、一般家庭で盗聴器[…続きを読む]

盗聴器を仕掛けた本人が室内音を聞いている場所

テレビで特集番組が放送されるように、街には盗聴器の電波が溢れています。とはいえ、盗聴器がさまざまな家に仕掛けられているとして、仕掛けた張本人はどこでその室内音を聞いているのでしょうか。そんな盗[…続きを読む]

退職者がオフィスに盗聴器を仕掛ける事例が増加

現在、盗聴器は年間30万~40万台ほどが販売されるといわれています。しかし、盗聴発見業者によって発見されるのはそのうちのわずか5%程度。発見される盗聴器は、電波を発するタイプのアナログ盗聴器を[…続きを読む]

ママ友トラブルで仕掛けられる盗聴器の発見場所

年々、緩やかに増えているのが盗聴器発見業者への盗聴被害の相談です。その理由の1つには、盗聴器がネット通販などで安価に入手しやすくなったことが挙げられるでしょう。最近は家を引っ越すタイミングで防[…続きを読む]



盗聴発見業者に聞いた盗聴器が仕掛けられる場所

盗聴発見業者によれば、盗聴被害の相談は年々「緩やかに増えている」といいます。盗聴器が安価に入手しやすくなったことのほか、メディアで取り上げられる機会が増えたため盗聴行為自体が一般的に知られるよ[…続きを読む]

盗聴器探しは3つの周波数だけスキャンする理由

盗聴器の電波は、日本国内の周波数を管理する総務省が決めた割り当て原則に基づいた正規の電波ではありません。このため、どんな周波数を使っているのか基本的には分からないのです。ただし、室内・室外で盗[…続きを読む]

盗聴器が仕掛けられているか今すぐ確認する方法

もっとも盗聴器が発見される場所は、ホテルなどではなく「一般家庭」です。しかも、年間30万~40万台が販売されているといわれている盗聴器のうち、発見されるのはそのうちのわずか5%ほどでしかありま[…続きを読む]

盗聴器発見業者への依頼が6月と12月に多い理由

室内に盗聴器を仕掛けて話し声などを盗み聞く盗聴行為は確かに存在します。しかし、実際の盗聴行為件数の数十倍、数百倍もの被害“妄想”が存在するのも事実です。盗聴器発見業者にその実情を聞きました。盗[…続きを読む]


オススメ記事

LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEのトーク内容は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、LINEのトーク内容を探偵が入手する手口を見ていくとともに[…続きを読む]

盗聴はアプリを入れればできる

盗聴といえば、自宅や会社など目的の場所に直接「盗聴器」を仕掛ける電波式盗聴が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した“デジタル盗聴”が[…続きを読む]

チョコボールのエンゼルを見分ける方法

おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボールのエンゼルを見分ける方法を紹介しましょう。1番[…続きを読む]

iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違う

iPhoneには伝統的に受け継がれている裏ワザがあります。もちろん最新のiPhone6でも健在なその裏ワザとは、隠しコマンドで起動するフィールドテストモードです。そして、この裏ワザでわかる使用[…続きを読む]

LINEを既読つけないで読む方法

LINEで「既読」をつけないで読む方法を紹介しましょう。LINEはメッセージを読んだ瞬間、相手に既読の通知が届きます。しかし「機内モード」でメッセージを読めば、既読がつかないのです。ただし、解[…続きを読む]