ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

盗聴器

盗聴器も高感度で受信する「IC-R6」の魅力とは

2010年に発売されたアイコムの広帯域ハンディ受信機「IC-R6」は、周波数を打ち込む数字が記された数字キーが無いテンキーレスモデルにもかかわらず、少ないボタンで良好な操作性が魅力。さらには、[…続きを読む]

盗聴発見機と防災ラジオを兼ねるハンディ受信機

アルインコのハンディ受信機「DJ-X81」は、受信機能を満載した入門機です。ワンセグ音声が聞けるだけでなく、緊急地震速報と緊急警報放送を受信する機能を搭載。加えて、室内に仕掛けられている盗聴器[…続きを読む]

盗聴器が仕掛けられているか6つのチェック場所

盗聴はスパイ映画の中でしか登場しない非日常な犯罪だと思ったら大間違い。我々が知らないところで、盗聴器は仕掛けられ、会話が盗み聞かれているのです。そこで、自宅に盗聴器が仕掛けられているかどうかを[…続きを読む]

家庭に仕掛けられる代表的な盗聴器4タイプとは

「密かに会話を集音して離れた場所で聞く」のが盗聴器。密かに会話を集音するのはコンデンサマイクで、遠く離れた場所で聞かせるために、集めた音声を電波で飛ばしています。このような構造になっている盗聴[…続きを読む]

盗聴器にされるデジタル機器は目的で変わる

近年は、盗聴という行為のハードルも下がりました。スマホやPCといったデジタル機器を使った多種多様な盗聴が非常に増えています。デジタル機器の発達により、盗聴はカジュアル化しました。そして、盗聴器[…続きを読む]

盗聴器発見の最終段階はアンテナ感度を下げる

盗聴器の電波が出ている方角が分かったら、どの建物に盗聴器が仕掛けられているのか発信源の発見を行います。ただし、ここから先は時にリスクを背負う領域なので、覚悟の上、踏み入れなければなりません。盗[…続きを読む]



盗聴器の疑問を解決「相手はどこで聞いてる?」

盗聴器による被害が後を絶ちません。とはいえ、従来から使われてきたアナログ盗聴にはできることと、できないことがハッキリしています。「盗聴されている」と感じたことがある人のために、今さら聞けない盗[…続きを読む]

盗聴器が仕掛けられる場所を知っていて損はない

室内の音声を拾うことが目的の盗聴器は、電源を必要としない電池式ならそれこそ部屋中どこにでも設置可能です。とはいえ、音声を効果的にキャッチしたり、電源の確保を考えると設置場所は絞られてきます。一[…続きを読む]

退職者がオフィスに盗聴器を仕掛けるケース続発

現在、盗聴器は年間30万~40万台が販売されるといわれています。しかし、盗聴発見業者によって発見されるのはそのうちのわずか5%程度。発見される盗聴器は、電波を発するタイプのアナログ盗聴器を使っ[…続きを読む]

探知と探査のデュアルモード搭載の盗聴器発見器

盗聴器の発見器には、大きく分けて2タイプ存在します。盗聴器の電波をキャッチして設置されているかどうかを探知するタイプと、盗聴器が設置されている場所を識別音で特定するタイプです。そんな盗聴器発見[…続きを読む]


オススメ記事

LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEのトーク内容は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、LINEのトーク内容を探偵が入手する手口を見ていくとともに[…続きを読む]

盗聴はアプリを入れればできる

盗聴といえば、自宅や会社など目的の場所に直接「盗聴器」を仕掛ける電波式盗聴が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した“デジタル盗聴”が[…続きを読む]

チョコボールのエンゼルを見分ける方法

おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボールのエンゼルを見分ける方法を紹介しましょう。1番[…続きを読む]

iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違う

iPhoneには伝統的に受け継がれている裏ワザがあります。もちろん最新のiPhone6でも健在なその裏ワザとは、隠しコマンドで起動するフィールドテストモードです。そして、この裏ワザでわかる使用[…続きを読む]

LINEを既読つけないで読む方法

LINEで「既読」をつけないで読む方法を紹介しましょう。LINEはメッセージを読んだ瞬間、相手に既読の通知が届きます。しかし「機内モード」でメッセージを読めば、既読がつかないのです。ただし、解[…続きを読む]