ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

裁判

なぜNHKは受信契約を巡る裁判で強気に出るのか?

NHK受信契約は、NHKのテレビ放送を受信できる設備を持つ人であれば結ぶ必要があり、受信契約に従いNHK受信料を支払うことになります。とはいえ、NHKのテレビ番組をまったく見ない人でも支払うの[…続きを読む]

オービスで捕まると出頭する「略式裁判」とは?

可搬式の登場により「オービスの取り締まり=赤切符」とは必ずしもいえなくなりましたが、これまでオービスによる取り締まりは一発免停になる赤切符の違反に限られてきました。赤切符の違反で取り締まられる[…続きを読む]

NHK受信料裁判で不利になる法改正が行われてた

NHK受信契約は、視聴者側が契約内容が気に入らないからといって解約できない仕組みです。この点については、過去のNHK受信料裁判でも議論になってきましたが、実はNHK側に受信契約で有利なる法改正[…続きを読む]

NHK受信契約の裁判でNHKが敗訴したケースとは?

NHKとテレビの視聴者がNHK受信料をめぐり裁判となった場合、よほどの理由がない限りNHKの勝訴が続き、視聴者側に勝ち目がないといわれています。しかし、2018年にNHK側から提訴した裁判では[…続きを読む]

NHK受信料滞納を裁判に訴えるようになった理由

テレビを持っているのにNHK受信契約を拒否し続ける、あるいはNHK受信契約を結びながら受信料を長期間滞納し続けていると、NHKは裁判へ訴えてくることになります。ところが、NHKが裁判まで使って[…続きを読む]

NHK裁判で争点となる「イラネッチケー」とは?

東京都文京区の女性がNHK放送を視聴できないテレビを自宅に設置し、NHKを相手取り受信契約を締結する義務がないことの確認を求めた訴訟の控訴審判決が2月24日、東京高裁であり、裁判長は女性側勝訴[…続きを読む]



NHK受信料裁判の流れを変えたフィルターとは?

受信料の支払いを巡る裁判では常にNHKが勝利してきましたが、ついに時代が動きました。2020年6月、NHKが映らないテレビを設置した女性が「受信料の支払い義務はない」と主張し、勝訴したのです。[…続きを読む]

スピード違反で裁判所に呼び出される速度とは?

交通違反で交付されるのが違反キップ。スピード違反の場合、超過速度が30km/h未満(高速道では40km/h未満)だと青キップ、30km/h以上(高速道では40km/h以上)だと赤キップとなりま[…続きを読む]


オススメ記事

LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEの会話は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、LINEの会話を探偵が盗聴する手口を見ていくとともに、それを防ぐ[…続きを読む]

盗聴はアプリを入れればできる

盗聴器といえば、自宅や会社など目的の場所に直接「盗聴器」を仕掛ける電波式盗聴器が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した「デジタル式盗[…続きを読む]

チョコボールのエンゼルを見分ける方法

おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボール銀のエンゼルの確率と見分け方を紹介しましょう。[…続きを読む]

LINEを既読つけないで読む方法

LINEで「既読」をつけないで読む方法を紹介しましょう。LINEはメッセージを読んだ瞬間、相手に既読の通知が届きます。しかし「機内モード」でメッセージを読めば、LINEに既読がつかないのです。[…続きを読む]