ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

NHK裁判で争点となる「イラネッチケー」とは?

東京都文京区の女性がNHK放送を視聴できないテレビを自宅に設置し、NHKを相手取り受信契約を締結する義務がないことの確認を求めた訴訟の控訴審判決が2月24日、東京高裁であり、裁判長は女性側勝訴とした東京地裁の判決を取り消して、請求を棄却しました。この裁判で争点となった「イラネッチケー」について見ていきましょう。


NHK裁判で争点となる「イラネッチケー」とは?

イラネッチケーはNHKだけカットする

女性が設置したテレビに取り付けられていたのは、NHKの信号だけを減衰させる周波数フィルター「イラネッチケー」です。NHKは、フィルターを取り付けてもテレビの構造上、NHK放送を受信できる機能が備わっていて復元も容易と主張していました。

イラネッチケーの英字表記である「iranehk」は「いらねー(irane)」と「NHK」を合体させた造語。イラネッチケーは、NHKがテレビ放送に利用する周波数帯のみカットする構造です。テレビとアンテナの間に取り付けるとNHKだけが受信不可能になります。

NHKがテレビで使う周波数帯は送信所ごとに違うため、イラネッチケーには地区ごとにカットする周波数が異なるバージョンが存在。関東用・関西用・東海用・BS用とNHKの周波数帯域ごとにモデル分けされています。価格は4,980~7,800円です。

イラネッチケーを接着剤などで固定

これまで、イラネッチケーを取り付けることでNHK受信契約が無効と争った裁判で、受信契約を結ばなくてよいという判決が出たことはありませんでした。2016年に東京地裁で出た判決は、イラネッチケーを容易に取り外しできるという理由で、NHK受信契約を解約する理由にはあたらないというものでした。

さらに、イラネッチケーを接着剤などで固定して容易に外れないようにした状態にしたうえで、NHK受信契約の解約を争う裁判が行われましたが、こちらもNHK側の「固定されていても外すことが可能」という立証が認められてしまい、解約は認められません。

それが2020年6月の東京地裁の判決では、女性が設置したテレビを「NHK放送を受信できる設備とは言えない」と指摘。復元するのも困難だとして、NHKの主張を退けました。ところが今回の東京高裁の判決では、電波を増幅するブースターを取り付けるなどすれば視聴は可能だとして、一転して原告の請求が棄却される結果となったのです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事