ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

NHK裁判で争点となる「イラネッチケー」とは?

東京都文京区の女性がNHK放送を視聴できないテレビを自宅に設置し、NHKを相手取り受信契約を締結する義務がないことの確認を求めた訴訟の控訴審判決が2月24日、東京高裁であり、裁判長は女性側勝訴とした東京地裁の判決を取り消して、請求を棄却しました。この裁判で争点となった「イラネッチケー」について見ていきましょう。


NHK裁判で争点となる「イラネッチケー」とは?

イラネッチケーはNHKだけカットする

女性が設置したテレビに取り付けられていたのは、NHKの信号だけを減衰させる周波数フィルター「イラネッチケー」です。NHKは、フィルターを取り付けてもテレビの構造上、NHK放送を受信できる機能が備わっていて復元も容易と主張していました。

イラネッチケーの英字表記である「iranehk」は「いらねー(irane)」と「NHK」を合体させた造語。イラネッチケーは、NHKがテレビ放送に利用する周波数帯のみカットする構造です。テレビとアンテナの間に取り付けるとNHKだけが受信不可能になります。

NHKがテレビで使う周波数帯は送信所ごとに違うため、イラネッチケーには地区ごとにカットする周波数が異なるバージョンが存在。関東用・関西用・東海用・BS用とNHKの周波数帯域ごとにモデル分けされています。価格は4,980~7,800円です。

イラネッチケーを接着剤などで固定

これまで、イラネッチケーを取り付けることでNHK受信契約が無効と争った裁判で、受信契約を結ばなくてよいという判決が出たことはありませんでした。2016年に東京地裁で出た判決は、イラネッチケーを容易に取り外しできるという理由で、NHK受信契約を解約する理由にはあたらないというものでした。

さらに、イラネッチケーを接着剤などで固定して容易に外れないようにした状態にしたうえで、NHK受信契約の解約を争う裁判が行われましたが、こちらもNHK側の「固定されていても外すことが可能」という立証が認められてしまい、解約は認められません。

それが2020年6月の東京地裁の判決では、女性が設置したテレビを「NHK放送を受信できる設備とは言えない」と指摘。復元するのも困難だとして、NHKの主張を退けました。ところが今回の東京高裁の判決では、電波を増幅するブースターを取り付けるなどすれば視聴は可能だとして、一転して原告の請求が棄却される結果となったのです。


イラネッチケー内蔵アンテナを設置

このほか、イラネッチケーを巡る裁判では、東京高裁で2021年2月、ある裁判が確定しました。このケースは、関西のホテルがイラネッチケーを内蔵したアンテナを屋上に設置し、NHK受信契約の解約を申し入れたことが始まりでした。

NHK側は、専門業者を雇いホテルの受信状況を調査。ホテル屋上までNHKテレビ放送の電波が届いている一方、ホテルの客室ではNHKテレビ放送が視聴できないことがわかりました。ここまで確認した上で、NHKはホテルへ地上契約分の受信料を客室数分だけ支払うよう裁判を起こしたのです。

裁判では、NHKはホテルに設置されたテレビはアンテナさえ接続すればNHKが受信可能な状態にあり、アンテナも一旦はテレビ放送の電波をキャッチしたうえでNHKテレビ放送のみ減衰させているだけなので、NHKテレビ放送は「受信」していることになるという主張をしています。

イラネッチケーをめぐる裁判が確定

一方、ホテル側はアンテナにはマッチング回路とフィルターを一体にした基板が取り付けられ、NHKテレビ放送が受信できないと主張。テレビ放送の受信に使われる八木アンテナは、設計によるもののマッチング回路がないとうまく機能しないことがほとんどで、ホテル側の主張は説得力があるように見えます。

しかし、2020年3月に出された東京地裁の判決では、NHKの主張は採用しなかったものの、マッチング回路とフィルターを一体にした基板を外せば受信できるのでNHK受信契約は有効という判断となったのです。ちなみに、基板を外した状態で本当にテレビ放送が受信可能かについての実験は行われていません。

東京地裁の判決に対しホテル側は控訴したものの、2021年2月の東京高裁判決は東京地裁判決を追認するものでした。なお、ホテル側は上告をしなかったため、イラネッチケーを巡っては東京高裁の判決が確定しています。


イラネッチケー対策がBS再編の裏で?

2018年春に行われたBS再編の際には「イラネッチケー潰し」が行われたという噂が飛び交いました。現在のBS用イラネッチケーはBS-3chと15chをカットする仕様です。しかし、2018年以前はBS-15chのみでNHK BS1とNHK BSプレミアムの両方を受信カットできていました。

BS再編は2018年12月から始まる新4K8K衛星放送用に周波数を確保するために、既存の2K放送の帯域を削減するためのものです。しかし、この再編でチャンネルの変更も実施。BSデジタルは、1チャンネルあたり2~3ch分のHD番組を放送可能です。

以前は、BS-15ch(NHK BS1でNHK BSプレミアムが利用)だったものが、改変後はBS-3ch(NHK BSプレミアム・WOWOWプライム・ディズニーチャンネルが利用)と、BS-15ch(NHK BS 1・スターチャンネル2・スターチャンネル3が利用)といった具合に、NHKの割当てが他番組との共同利用となりました。

このため、BS-3chをカットすると、NHK BSプレミアムに加えてWOWOWプライムやディズニーチャンネルが、BS-15chをカットするとNHK BS 1・スターチャンネル2・スターチャンネル3が視聴できなくなってしまいます。このため、BS再編の裏でイラネッチケー対策が密かに盛り込まれたという噂がささやかれたわけです。

■「イラネッチケー」おすすめ記事
BS再編で行われた「イラネッチケー潰し」とは
NHK裁判で争点となる「イラネッチケー」とは?

■「NHK」おすすめ記事
カーナビはNHK受信料を払う義務がある?ない?
引越しを機にNHK受信料の支払いはやめられる?
NHK受信料を「家族割引」で半額にする方法とは
ホテルのテレビ「NHK受信料」どうなっている?
NHK受信料未払いに「罰則規定がない」の意味は?
NHKの受信契約を解約できる条件と手続き方法
NHK集金人が拒否しても何度も訪問してくる理由

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事