ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

駐車

駐車違反の処理を監視員が行わない「状況」とは

駐車監視員の仕事は、指定区域を巡回して駐禁を見つけると駐車違反標章を貼って取り締まること。そんな駐車監視員の指導者教育に用いられる研修資料が存在します。研修資料は、市民とのトラブルを回避し、駐[…続きを読む]

夜間の路上駐車にパーキング・メーター有効活用

市街地の道路はほとんどが駐車禁止になっていますが、禁止されていない場所であれば道路交通法に則って合法的に路上駐車することが可能です。とはいえ、駐車が禁止されている場所は多く、市街地で合法的に駐[…続きを読む]

路上駐車を発見したのに監視員がスルーした場所

「駐車監視員」とは、指定区域を巡回して路上駐車を見つけると違反標章を貼る人のこと。とはいえ、駐車監視員も人の子。交通の支障となる路上駐車よりも、違反標章を貼りやすいものが優先されるケースも見ら[…続きを読む]

路上駐車で「故障中」の貼り紙に効果はあるか?

駐車監視員は駐禁ステッカーと呼ばれる「放置車両確認標章」を、機械的に貼り付けているわけではありません。交通の支障云々よりも、駐禁ステッカーを貼りやすいクルマが優先されることもあります。そこで、[…続きを読む]

駐車違反しても「ゴールド免許のまま」の不思議

駐車違反の取り締まり方法は、2006年6月の駐車監視員制度の導入から大きく変わりました。駐車違反をしたドライバーを出頭させるのではなく、違反車両のナンバーから判明した車両の持ち主に放置違反金と[…続きを読む]

青色の「外交官ナンバー」は駐車違反の対象外?

駐車違反の取り締まりにまつわる都市伝説はいろいろあります。外交官ナンバーは取り締まられないという話や、ナンバーを隠すと駐車監視員が確認作業を避ける傾向があるなど。はたして、駐車違反の取り締まり[…続きを読む]



駐車違反は繰り返すと車両の使用が制限される?

駐車違反の仕組みが大きく変わったのは、2006年6月1日にスタートした駐車監視員制度からです。駐車違反の現認を民間委託するとともに、その後の処理も警察へ出頭しなくてもクルマの持ち主が放置違反金[…続きを読む]

駐車違反ステッカーは破り捨てても問題なかった

車を路肩に止めてちょっと用を足して戻ってみると、フロントガラスに駐車違反ステッカーが貼られているのを発見。思わずビリビリに破り捨ててしまいたくなった経験がある人は多いはず。じつは駐車違反ステッ[…続きを読む]

駐車違反ステッカーが実際に取り消された事例集

街中を巡回して駐車違反ステッカーを貼り付けている「駐車監視員」は、駐車違反取り締まりの指導を受けたうえで業務を行っています。そして、その指導者教育に用いられる教科書が「警察大学校研修資料」です[…続きを読む]

駐車禁止の標識なしで違反になる意外な場所とは

ドライバーにとって、道路標識のなかで制限速度と同じぐらい注意する必要があるのが、駐車禁止の標識でしょう。駐車禁止標識がある道路にクルマを駐めると違反になるのは当然ですが、実はそれ以外に標識がな[…続きを読む]


オススメ記事

LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEのトーク内容は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、LINEのトーク内容を探偵が入手する手口を見ていくとともに[…続きを読む]

盗聴はアプリを入れればできる

盗聴といえば、自宅や会社など目的の場所に直接「盗聴器」を仕掛ける電波式盗聴が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した“デジタル盗聴”が[…続きを読む]

チョコボールのエンゼルを見分ける方法

おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボールのエンゼルを見分ける方法を紹介しましょう。1番[…続きを読む]

iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違う

iPhoneには伝統的に受け継がれている裏ワザがあります。もちろん最新のiPhone6でも健在なその裏ワザとは、隠しコマンドで起動するフィールドテストモードです。そして、この裏ワザでわかる使用[…続きを読む]

LINEを既読つけないで読む方法

LINEで「既読」をつけないで読む方法を紹介しましょう。LINEはメッセージを読んだ瞬間、相手に既読の通知が届きます。しかし「機内モード」でメッセージを読めば、既読がつかないのです。ただし、解[…続きを読む]