ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

駐車違反で警察を悩ませる「私有地問題」とは?

駐車違反の取り締まりで、駐車監視員や警察を悩ませているのが「私有地」と「植込み」です。駐車違反を取り締まるのは基本的に「公道」というのが原則。道路や歩道に面した植込みや私有地に車両がある場合、取り締まらないケースがあるといいます。駐車違反で植込みや私有地は対象外なのでしょうか。


駐車違反で警察を悩ませる「私有地問題」とは?

駐車違反の取り締まりは基本的に公道

基本的に、放置車両が駐車違反で取り締まりを受けるのは公道のみとなっています。ここで、駐車監視員や警察を悩ませるのが「私有地」問題です。バイクはタイヤ1つまたいでいるだけで、駐車違反の取り締まりを逃れるケースもあるといいます。

とくに、都心で増えている私有地問題といえば「公開空地」です。高層ビルなどを建設する際に、誰でも自由に歩行できるエリアを設けることで規制が緩くなるため、都心では公開空地をよく目にするようになりました。

やはり公開空地も道路ではありません。ただし、公開空地といえども土地の所有者がいるもの。土地の所有者が警察に通報する可能性はあります。さらに、道路交通法の定める道路には「一般交通の用に供するその他の場所」も含まれます。このため、自治体によっては駐車違反となる場合があるのです。

駐車監視員が避けるバイクの駐車違反

バイクの駐車違反の取り締まりには、以前から「植込み」問題があります。歩道に駐車するバイクは違反処理されますが、街路樹などの植込みに両輪が入っている場合、駐車違反とはいえず取り締まることができないというものです。

そのためか、都内では植込みに駐車できないよう柵を設けている場所が多くあります。また、植込みに両輪が入っていても、埼玉県では駐車違反扱いになるようです。

このほか、駐車監視員は自転車と並んでいるバイクは、駐車違反の取り締まりを避ける傾向があります。駐車違反の取り締まりの際の撮影でも、自転車が写り込まないよう注意を払うほど。「自転車がOKでなぜバイクはNGなのか」と、モメるケースが多いのがその理由です。

とはいえ、駐車違反は通行の妨げとなるだけでなく、往来に危険な場合もあります。交通ルールをしっかり守りましょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事