ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

家電量販店に存在する値引き交渉NGの商品とは

ブランド力の高いメーカーは、家電量販店に対して「販売価格の指定」ができる暗黙の了解があります。もし家電量販店側が暗黙の了解を破って値引きをしようものなら、出荷数が制限されてしまうのです。家電量販店に存在する値引き交渉NGの商品は、知っておおいて損はないでしょう。


スポンサーリンク
家電量販店に存在する値引き交渉NGの商品とは

値引き交渉NGの商品は統制価格

例えば、アップル製品はネット通販や量販店でも大差はありません。自社直営店である「アップルストア」での価格が、量販店も事実上の“統制価格”になっています。まさに、値引き交渉NGの商品です。

同じような値引き交渉NGの商品にダイソン、アイロボット社、家庭用ゲーム機本体があります。三脚などのカメラ周辺機器も値引き交渉はNG。このルールを家電量販店が破るとどうなるのでしょう。

その場合、メーカーからの出荷数がコントロールされるといわれています。これは家電量販店にとっては大きな痛手。そういった商品は卸価格も高いので、ポイント還元率が10%ではないのも、そんな理由からなのです。

一定数の商品は値引きしない協定

なお、ビックカメラやヨドバシカメラは駅前店舗が中心となっています。その高額な家賃を支払うために両社共に「一定数の商品は値引きしない」という“駅前協定”を結んでいたといいます。

しかし、2007年に“郊外型”だったヤマダ電機が駅前に進出して状況が一変。駅前協定知らずのヤマダ電機が行った価格破壊により、駅前の家電量販店は戦国時代に突入したというわけです。

また、このときの価格破壊に「販売価格の指定」を行っていたメーカーが現在も怒っているという話。ヤマダ電機にはそのメーカーの新製品の出荷数が少ないといわれています。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事