ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スマホやPCのブルーライトは「設定」でカット

ブルーライトとは、液晶ディスプレイなどから発せられる青い光です。可視光線の中で最も波長が短いため、ブルーライトはエネルギーが強力。この強いエネルギーが網膜に到達し、目にダメージを及ぼしたり体内リズムの乱れを誘発したりするのです。PC・スマホのブルーライトカットの設定方法を見ていきます。


スポンサーリンク
スマホやPCのブルーライトは「設定」でカット

スマホにブルーライトカット機能

ブルーライトによる被害が認知されたことで、スマホやPCの各種OSにブルーライトをカットできる機能が標準装備されるようになりました。画面の色が暖色っぽくなりますが、色にこだわった作業をする時以外は問題ないでしょう。

Windowsでブルーライトをカットするには「夜間モード」をオンにします。具体的には「設定」→「システム」→「ディスプレイ」を選択。夜間モードをオンにして色味を調整してください。

色温度のメーターを中間くらいに設定すると、ディスプレイがほのかにオレンジがかった色合いになります。目に優しく長時間の利用に最適。これ以上色温度を強めると、逆に目が疲れる印象です。

ブルーライトをカットする設定方法

iPhoneでブルーライトをカットする設定方法は「NightShift」をオンにします。「設定」→「画面表示と明るさ」で「Night Shift」をオンすればOK。時間指定や色温度を調整できます。

色温度は80%くらいに設定するとよいでしょう。オレンジがかってはいますが、単体で見るとあまり気になりません。一度設定しておけば、オン/オフの切り替えがワンタップで可能です。

Androidは端末ごとに設定が違っています。例えばXperiaでブルーライトをカットするなら「ホワイトバランス」を調整。「設定」→「画面設定」→「ホワイトバランス」をタップ。「B」は0のままで「R」「G」の数値を上げます。

■「ブルーライト」おすすめ記事
スマホのブルーライトに保護フィルムを使う理由

■「スマホ」おすすめ記事
スマホの遠隔操作アプリはどこまで監視できる?
スマホ乗っ取りに使われる最新の手口とは?
AbemaTVの録画をスマホでするなら「Mobizen」
スパイアプリの決定版「ケルベロス」の発見方法
追跡アプリ「ケルベロス」をチェックする方法
クローンiPhoneの作り方を実際に検証した結果
iPhoneを自動録音アプリで盗聴器にする方法
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事