ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

クロス取引でノーリスクで株主優待を手に入れる

人気の高い株主優待銘柄は権利付き最終日に向かい買いが殺到して株価が上がり、同日が過ぎると「もういらない」という理由で売られ、株価が急落することがあります。この流れに巻き込まれ、株主優待はゲットできても取引で損をするケースも…。これを回避するのが「クロス取引」です。


スポンサーリンク
クロス取引でノーリスクで株主優待を手に入れる

クロス取引は下落リスクをカバー

優待銘柄には株価下落のリスクが伴うわけですが、そのリスクをカバーするために行うのが「クロス取引」です。

クロス取引とは、権利付き最終日までに同一銘柄に対して、株価上昇で利益を狙う「現物取引の買い」と、株価下落で利益を狙う「信用取引の売建」を同時に行い、同じ株価で約定させることで、株価変動のリスクを相殺するという手法。信用取引の売建とは、いわゆる「信用売り」のことです。

仮に1万円で買った銘柄が権利付き最終日を境に5,000円下がったとしても、信用売りでその分の利益が出ているので、決済すれば収支のプラスマイナスはゼロ。タダで株主優待の権利が得られます。

クロス取引でノーリスクで株主優待

ただし、クロス取引の信用売りを行うためには証券会社に信用取引口座を開設する必要があります。また、現物買いを含めて売買手数料も発生。また、取引したい銘柄が信用取引で売建できる銘柄でないと、この手法は使えません。

加えて、信用売りは他の投資家や証券会社から株を借りて行うため、そのレンタル代に相当する「貸株料」や「逆日歩」といったコストもかかります。とりわけ逆日歩は、株を借りる人が増えると数万円単位になることも…。

ただし、逆日歩が発生するのは信用取引のうち「制度信用取引」という取引のみ。「一般信用取引」であれば逆日歩は発生しないので、この対象銘柄でクロス取引を行うのがノーリスクで株主優待を獲得する近道となります。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事