ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

5千円を切るバックセンサーの気になる感度は?

クルマの車庫入れは、ベテランドライバーであっても油断できません。時に距離感を見誤って後ろの壁に衝突なんてこともあるでしょう。そんな車庫入れで、正確な停止位置を音と光で知らせてくれるのが、サンコーの「駐車オーライセンサー」です。5千円を切るバックセンサーの気になる性能を調べました。


5千円を切るバックセンサーの気になる感度は?

バックセンサーが壁の距離を伝える

駐車オーライセンサーの仕組みは極めてシンプル。壁に取り付けた超音波センサーがクルマとの距離を測定し、赤・黄・緑の光と「ピー」というブザーの音で、クルマと壁の距離を伝えます。

クルマのオプションには、同じような仕組みを使ったバックソナーや、ナビとバックカメラを組み合わせたモニターなどがありますが、いずれも数万円と高価。その点、このバックセンサーは実勢価格4,980円です。

5千円を切る価格で、さらに取り付けも壁に貼るだけと簡単。インジケーターには上から赤(停止)、黄(間もなく停止)、緑(十分な距離あり)の順に並び、ブザーセンサーとの間は高さ調整が可能なカールコードで結ばれています。

バックセンサーの感度を試してみた

バックセンサーの命は何と言ってもその“感度”です。せっかく設置してもうまく作動しなければ、ヘタをすると壁にぶつかってしまいます。一般的なセダン型乗用車でバックセンサーの感度を試してみました。

前後それぞれの向きでセンサーに近づけてみると、緑は230cm、黄色は150cm、赤は30~35cmと、およそスペックに掲げられた検知範囲で警告が鳴動。何度繰り返してもその距離に大きな変化はありませんでした。

ただし、センサー部の高さとクルマの形で反応距離が変わります。クルマの最も突起している高さに取り付けるのが正解のようです。前を人が通過することでも反応するので、設置場所次第では“進入センサー”にもなるでしょう。

■「カーライフ」おすすめ記事
高速道路の無料区間を有効活用しない手はない
交通機動隊と高速隊の取り締まり任務の違いとは
ETCの履歴を盗み見る方法とその防衛策とは?
ETCポイントを車載器なしでゲットする方法
ハイエース盗難に使われる手口とその対策とは?
自動車の盗難被害1位プリウスの手口と対策は?
Nシステムは通行車両のナンバープレートを撮影
イモビカッターで狙われるプリウス盗難の手口
イモビライザーの専用キーは簡単に複製できる!?
クルマ盗難手口「リレーアタック」仕組みと対策

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事