ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Windows Defenderのウイルス検出率はむしろ優秀

今のご時世、セキュリティソフトを導入せずにPCを使うのは自殺行為です。ましてや、そのままインターネットに接続するなんてことは、自ら「ハックして下さい!」と言っているようなものでしょう。最近は、サイトを閲覧しただけでウイルスに感染…ということもあるので、セキュリティ対策は必須です。


スポンサーリンク
Windows Defenderのウイルス検出率はむしろ優秀

Windows Defenderは基本機能を搭載

とはいえ、高額なセキュリティソフトにお金をかけられないし、無料ソフトは精度が心配という人も多いはず。そんなWindowsユーザーは、迷わずWindows標準搭載の「Windows Defender」を活用すべきでしょう。無料な上に、標準ソフトならではのメリットもある、お得なウイルス対策が可能になります。

「Windows Defender」はWindows標準のセキュリティソフトです。ウイルス・マルウェアの検出、ファイアウォールなど基本的なセキュリティソフトの機能を搭載しています。

OSに付いてくるオマケ程度のソフトと思われるかもしれませんが、ウイルスの検出率は有名なセキュリティソフトと遜色ないレベルです。

Windows Defenderのウイルス検出率

AV-ComparativesやSE Labsといった各第三者機関によるマルウェアの検出率テストの結果を見ても、Windows Defenderのウイルス検出率はむしろ優秀といえるレベルです。

また、ソフトの“軽さ”も特筆すべき点といえます。通常の常駐型セキュリティソフトは、常にPCに負荷を掛けるため動作が遅くなりがちです。それに対してWindows Defenderは、Windowsにあらかじめ標準搭載されているMicrosoft謹製のソフトウエアのため、動作が非常に軽く、PCに大きな負荷をかけることがありません。

他のセキュリティソフトと同時に使用すると重くなることもありますが、Windows Defenderのみの使用であれば、動作が重くなる心配はないでしょう。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事