ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

液晶テレビ代わりにプロジェクターという選択肢

プロジェクターでテレビを視聴する場合、通常だと有線での接続になったり、対応していないこともしばしば。それをどこでも自由に持ち運べて、家中どこでもテレビにしてしまうのが、ソニーのポータブルプロジェクター「LSPX-P1」です。「テレビはリビングで見るもの」という常識が覆されます。


スポンサーリンク
液晶テレビ代わりにプロジェクターという選択肢

テレビを家中の好きな場所で鑑賞

本機は付属のワイヤレスユニットとBDレコーダーをHDMI接続すると、その映像をプロジェクターに飛ばして投影することが可能。テレビで放送中の番組や録画した番組を、壁・床・机上・天井など、家中の好きな場所に映して鑑賞できます。

内蔵のバッテリー駆動にすることで、プロジェクターは完全フリー。BDレコーダーの赤外線部分にAVマウスを設置すれば、レコーダーのリモコンをプロジェクターに向けて使用できます。

プロジェクターの操作はスマホアプリから。音量・明るさ・フォーカス・補正・画面回転など、スマホで細かく調整可能です。またプリセット登録もできるため、部屋ごとに登録しておくと便利でしょう。

テレビをテーブル上に小さく投影

スマホアプリのメイン画面は時計を表示する「ポスター」、HDMI接続した機器を表示する「外部入力」、スマホ内の写真や動画を表示する「自分の写真」の3項目とシンプルな設計です。

投影サイズは22~80インチで、テレビニュースはテーブル上に小さく投影、映画は壁一面を使って大画面で…といったように使い分けられます。明るさは100ルーメン、電源はACアダプタまたは内蔵リチウムイオンバッテリーで2時間駆動です。

ポータブルプロジェクターのサイズ/重さは約81W×131H×131Dmm/約930g、ワイヤレスユニットのサイズ/重さは約200W×878H×200Dmm/220gとなっています。実勢価格は99,900円です。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事