ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

デジタル無線の秘話コードを解析する裏コマンド

エーオーアールのデジタル受信機「AR-DV10」には、裏コマンドが秘められています。それはデジタル受信の障壁となる、秘話コードの解析機能。受信しても音声化されない秘話がかけられた通信を、自動的に音声に復調してくれる機能です。取扱説明書には未記載の裏コマンドを紹介しましょう。


スポンサーリンク
デジタル無線の秘話コードを解析する裏コマンド

AR-DV10の秘話コード解析コマンド

固定型のデジタル受信機「AR-DV1」の機能を、惜しみなくハンディ機に搭載してきたのがデジタルハンディ受信機「AR-DV10」です。エーオーアールのハンディ機らしく、欧米サイズともいえる大型ボディに、各種操作部や端子がバランスよく収まっています。

このAR-DV10は受信中にロックボタンを短く押すと、秘話音が消音されて秘話コード解析の裏コマンドに突入。ただし、オートモードでは起動せず、事前にD-CRモードに設定しておくことが作動の条件です。

液晶パネルに「D-CR ENC.CODE ?」というメッセージを表示して秘話コードを解析。その下段にはユーザーコードを表示します。秘話コードは数秒から数十秒で解析され、秘話解除された音声を出力。秘話コードが表示されますが、すぐに消灯してしまいます。

AR-DV10のは強化秘話機能には非対応

消灯してしまった秘話コードの確認方法は、MODEボタンの長押しで「Ext.MODE」画面を表示させて「DIGICONF」選択します。これでデジタル受信における各種の設定一覧を表示。「DCR ENC C.」が直前の受信で解析した秘話コードです。

ENTボタンを押すと、秘話コードの設定画面に切り替わります。この画面からはテンキーによる秘話コードの入力が可能です。

なお、アルインコのデジタル簡易無線登録機「DJ-DPS70」と「DR-DPM60」には強化秘話機能が搭載されています。これは秘話コードの組み合わせを15倍にするため、AR-DV10の秘話コード解析機能は対応できません。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事