ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

業務用HDMIレコーダーが根強く支持される理由

デジタル放送を録画すると、コピー回数が制限されるのはご存じの通りです。地デジなどの無料放送は「ダビング10」、WOWOWなどの有料放送は「コピーワンス」。規定回数に達するとムーブとなり、元のHDDからは消えてしまいます。録画番組を無限ダビングできる業務用HDMIレコーダーが根強く支持される理由を見ていきます。


業務用HDMIレコーダーが根強く支持される理由

HDMIレコーダーには裏コマンド

現在は、ダビングしたディスクを他のBDレコーダーに書き戻せるようになったり(ムーブバック)と、多少は縛りが緩和されつつあるのですが、そもそも日本のデジタル放送のプロテクトが過剰過ぎるわけで…。

そこで録画マニアが活用してきたのが、裏機能付きのHDMIキャプチャツールです。2010年、海外の業務用レコーダーをベースにした家電型の「CAT PRO HD」が登場しました。

HDMI入力端子を搭載し、BDレコーダーとHDMIで接続が可能。そして、裏コマンドによって業務用モードに切り替えることで「HDCP」による暗号化を回避し、録画番組を外付けHDDなどにバックアップできるのです。

HDMIレコーダーが支持される理由

そのCAT PRO HDシリーズはモデルチェンジを続け、現行機は「5.0」になりますが、その業務用モードは受け継がれています。「CAT PRO HD5.0」の実勢価格は39,800円です。

そんな業務用HDMIレコーダーが根強く支持される1つめの理由は、裏コマンドで業務用モードになること。業務用(評価)モードに切り替わると、HDCPの回避が可能になるのです。ちなみに最新機種であるCAT PRO HD5.0の裏コマンドは、電源OFFの状態で、SOURCEボタンを押しながらON/OFFボタンの長押しです。

業務用HDMIレコーダーが根強く支持される2つめの理由は、コピー回数を消費せずにバックアップできること。BDレコーダーで録画番組を再生すると、それを動画ファイルとして保存できます。レコーダー上ではあくまで再生しているだけなので、コピー回数は消費しません。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事