ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ボイスレコーダーアプリでスマホが盗聴器になる

誰もが持ち歩くスマホは、不審に思われにくく、情報収集に最適なツールとなります。アプリを入れれば、盗聴器・発信機・監視カメラに変身。スマホを最強のスパイツールに仕上げるテクニックを紹介しましょう。スマホが盗聴器になるボイスレコーダーアプリを見ていきます。


ボイスレコーダーアプリでスマホが盗聴器になる

ボイスレコーダーアプリ利用のコツ

スマホにボイスレコーダーアプリをインストールすれば、盗聴器に早変わり。長時間の録音は容量が膨大になるため、音がした時だけ録音できるアプリを利用するのがコツです。

なお、リアルタイムで監視したい場合は、iPhoneの「通話オーディオルーティング」が使えます。「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」から「通話オーディオルーティング」を選択します。

ここで「スピーカー」→「自動で電話に出る」をオン。このiPhoneに電話をかけると自動応答で「周囲の音を拾える=盗聴器」として使えるというわけです。

無音部分をスキップできる無料のボイスレコーダーアプリが「自動ボイスレコーダー」。Google Playで入手可能です。録音したファイルはクラウドストレージに保存できます。

高機能なボイスレコーダーアプリ

自動ボイスレコーダーの使い方は、まず「無音部分をスキップしますか?」にチェック。「録音」ボタンをタップして録音をスタート。スマホを会社のデスクの上などに置いておきます。

スマホを回収し、「終了」ボタンをタップして録音終了。MP3形式で録音ファイルが保存されます。これで自分が離席している時の様子が分かるというわけです。

無音部分のスキップや、録音ファイルの編集などが可能な高機能なボイスレコーダーアプリが「ALON Dictaphone」。App Storeで600円で入手可能です。

アプリを起動したら、左上のアイコンから設定画面を開きます。設定画面内の「詳細設定を開く」をタップ。「無音時は録音しない」をオンにしておきます。録音ボタンをタップして録音を開始。ターゲットの部屋などに設置します。なお、形式はMP3とWAVから選択可能です。

■「ボイスレコーダー」おすすめ記事
ペン型ボイスレコーダーはキャップを回して録音
iPhoneの通話録音はIP電話アプリを活用する
LINEの音声通話を録音するための設定方法は?

■「盗聴」おすすめ記事
盗聴はアプリをスマホに入れればできる時代
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ
盗聴器から漏れてくる音声はどんな内容が多い?
盗聴器の発見方法はハンディ受信機のスキャン
盗聴器の調査は「117」の時報を流すと一石二鳥
アプリで盗聴器と盗撮カメラを発見するプロ機材
盗聴器の周波数はUHF帯の3波をスキャンする

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事