ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

天下一品ラーメンの裏メニュー「こっさり」とは

さまざまなテクニックを使いこなすことで、普段よく行く外食チェーンはより楽しくお得に利用できるもの。毎日使いたくなるチェーン店のお得ワザの数々を紹介します。ダイエッターからガッツリ食べたい派まで楽しめるチェーン店で頼みたいおすすめ裏メニューを紹介しましょう。


天下一品ラーメンの裏メニュー「こっさり」とは

店舗によって屋台の味というメニュー

最近は糖質制限用のメニューを扱うチェーン店も増えてきました。日高屋の「野菜たっぷりたんめん」の麺なしも、ダイエッターに支持される裏メニューの1つ。「麺少なめ」の料金490円になるのもうれしいところです。

天下一品では「こってり」のラーメンが、ちょっと重いという人のために、こってり(1号)とあっさり(3号)を合わせた「2号(こっさり)」という裏メニューがあります。店舗によっては、「屋台の味」という表メニューになっていることも。

サブウェイは不足しがちな野菜を食べられるのが魅力ですが、その概念を覆す裏メニューが「B L Tサンド野菜抜き」。パンの中身はハム・ベーコン・チーズにドレッシングのみ。余計な味がしない濃い味が病みつきになります。

サイゼリヤで焼肉を特別オーダーする

サーティワンアイスクリームのシェイクは1種類のアイスと少量のミルクを合わせるのが通常ですが、実はアイスを2種類合わせることも可能。同系統のアイスを組み合わせるのが1ランク上のシェイクを作るコツです。

サイゼリヤ定番の「焼肉とハンバーグの盛合せ」(599円)に付く「焼肉」は“特別オーダー”として200円で注文できます。これをライスの上に乗せれば、即席の焼肉丼が完成。濃い味の焼肉は、ご飯との相性バグツンです。

いきなりステーキで、ライスもガッツリ食べたい人にオススメの裏メニューが「ライス大盛り(おかわり)」。ライス(200円)は大盛り無料ですが、さらに大盛りおかわりも1回までならタダ。ランチでも使えます。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事