ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

「ETC深夜割引」はETC休日割引よりさらにお得

ETCの大きなメリットが、走る時間によって高速料金が大幅に割安になることです。その代表的なものが「ETC休日割引」と「ETC深夜割引」。どちらも対象になる曜日、時間帯によって高速料金が30%割引になるというもの。しかし、実は同じ30%割引でも休日と深夜では割引になる路線が違い、ETC深夜割引の方がお得になるケースも多いのです。


ETC休日割引よりお得な「ETC深夜割引」活用法

ETC深夜割引は割引対象路線が大幅増

「ETC深夜割引」は、文字通り夜中に走ると高速料金が30%割引になるサービスです。NEXCO3社に関しては、ETCを利用して0~4時に対象路線を走行すると深夜割引が適用となります。例えば、昼の12時に出発ICを通過した場合でも、翌日深夜1時に到着ICを降りれば30%割引です。

ETC深夜割引がETC休日割引と比べて有利なのは、普通車・軽自動車だけでなくすべての車種が対象になることと、ほぼすべての路線が適用になることです。深夜の高速道路で大型トラックの割合が増えるのは、このETC深夜割引の存在が大きいといえるでしょう。

ETC深夜割引の対象路線については、横浜新道・京葉道路・第三京浜・横浜横須賀道路・東京湾アクアライン・第二神明道路・関門トンネルの7路線以外すべて。例えば、東名高速東京IC~御殿場ICの場合、通常料金2570円、休日割引では東京IC~厚木IC間が割引対象外で2130円のところ、ETC深夜割引は全線対象のため1800円となります。

ETC深夜割引に疲れを癒やす施設活用

ETC休日割引よりおトク度がアップするETC深夜割引ですが、ネックになるのは当然ながら深夜に高速道路を走らないと適用されないことです。深夜の高速道路は、交通量自体は少ないものの大型トラックの割合が増え、昼間以上に運転に気を遣うケースが増えてきます。

そこで、ETC深夜割引でドライブの疲れを取るために活用したいのが、SAに設置されているリラクゼーション施設です。例えば、新東名高速の各SAと掛川PAには「ドライバーズ・スポット天神屋」という、シャワーと休憩室「リラックスブース」を備えた24時間営業の店舗があります。

また、東名高速足柄SA上りの「レストイン時之栖」、名神高速多賀SA下りの「レストイン多賀」には12時~翌10時営業の大浴場があり休憩利用も可能。足柄SAの場合、下りにも「足柄浪漫館 あしがら湯」という温泉施設があり、こちらの営業時間は10時~翌8時となっています。


NEXCO3社以外でもETC深夜割引

NEXCO3社以外の有料道路でも、ETC限定で深夜割引サービスを行っているところがあります。まず、名古屋高速道路はETC利用で22~24時に走行すると夜間割引として10%、0~6時の場合はETC深夜割引で20%がそれぞれ通行料金から割り引かれます。

また、定額制を採用している北九州高速と福岡高速では、時間帯割引として平日・土曜日の22~6時にETC利用で走行すると割安料金になります。北九州高速の場合、通常料金510円に対してETC割引料金が480円、福岡高速の場合は通常料金620円がETC割引料金の550円になります。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事