ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

プリンターのインク切れ警告を強制的にリセット

家庭用のインクジェットプリンターで困るのが、インク残量がゼロになる前に警告ランプが点灯して印刷できなくなること。環境的にも金銭的にも、インク残量がゼロになるまで印刷し続けたいところです。そこで、プリンターのインク警告を強制的にリセットして、残量ゼロまで印刷する方法を紹介しましょう。


プリンターのインク切れ警告を強制的にリセット

プリンターインク切れ警告の仕組み

家庭用のインクジェットプリンターはインク残量の検知にICやレベルメーターなどを利用していて、残量が一定を下回ると余裕を持ってインク切れと認識する仕組み。インク残量がゼロになる前に印刷できなくなってしまいます。そこで、主要な3メーカーのプリンターで、インク切れを回避する方法を調べました。

キヤノン製プリンターのインク残量のリセット方法は、本体のストップボタンを長押しするだけと簡単です。インク残量がゼロという警告が出たら、プリンター本体のストップボタンを5秒以上長押しします。

すると、インク切れ警告を無視するモードになるので、本当にインクが残量ゼロになって印刷できなくなるまで使い続けられます。なお、この方法の検証はインクジェット複合機「MG3630」で行いました。

プリンターのインク切れをリセット

エプソン製のプリンターのインクは、インクカートリッジのICが管理する仕組みです。このため、残量ゼロまで印刷するにはICチップをリセットする「ICチップリセッター」を使用すると、残量メーターが復活します。

ICチップリセッターは、100均ショップで購入可能。このリセッターをICチップに接触させるだけでOKです。リセッターのランプが緑に光ればリセット完了。インク残量が復活して完全に尽きるまで使えるようになります。

ブラザー製のプリンターは、インク本体のレベルゲージで残量を確認しています。レベルゲージが下限まで下がるとインク切れとして認識。このレベルゲージを光を通さないテープで覆い隠してしまえば、インク残量をごまかせるのです。

具体的には、インクカートリッジのレベルゲージ部分にガムテープなどを貼って目隠し。インク残量警告が出なくなり、残りを絞り出して印刷可能になります。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事