ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

水道代節約は便利グッズを使えばストレス知らず

日常生活に欠かせないからこそ、使用量も多くなりがちな水。水道代の中で最も高いというトイレはかなり節水機能が上がっているとはいえ、最新型でも1度に最低5リットル程度の水を使用しています。お風呂やトイレで使える水道代節約グッズを紹介していきましょう。



スポンサーリンク
水道代節約は便利グッズを使えばストレス知らず

年24,000円もお風呂の水道代を節約

水道代を節約しようと水を流す回数や量を減らすのは難しいもの。もし実行に移したとしても、ストレスが溜まって仕方ありません。そんなときこそ水道代節約グッズの登場です。節水の要となるトイレ、お風呂で使える節水グッズで、お財布にも環境にも優しい生活を始めましょう。

お風呂に浮かべるだけで99%除菌してくれる「ふろ水クリーン」。残り湯の雑菌を銀イオンの力で99%取り除き、使用後の浴槽に6~12時間浮かべておくだけでヌメリや臭いを抑えてくれます。

毎日湯を張り替える場合と比較すると、年間約24,000円も水道代の節約が見込めるほか、二次使用する際も清潔です。単3形アルカリ乾電池×3本で駆動して、実勢価格は2,080円になります。

水道代節約グッズのふろ水クリーン

年20,000円もトイレの水道代を節約

「節水シャワーマッサージシャワピタヘッド」は、約30~50%節水できるシャワーヘッド。ミスト、脈動ある水流など、5つのモード変換でマッサージ効果も楽しめます。サイズは110W×300H×60Dmmで、重さは181g。実勢価格は3,270円です。

「水洗トイレ節水器ロスカット」は、1年で20,000円の水道代節約になるグッズ。半永久的に30%以上の節水が可能です。排水弁に取り付けて使うため、トイレの水流や水圧はそのまま。

従来品のように流れにくくなる心配も無用です。実勢価格は2,500円。対応トイレはTOTOとINAXになります。この情報は『ラジオライフ』2015年10月号に掲載されていました。(文/馬塲言葉)

■「節約」おすすめ記事
電気代を節約するための契約アンペアの適正人数
電気代の節約はグッズを使って楽しみながら実行
ガス代節約はお風呂の追い炊きとサヨナラする
ガソリンスタンド検索アプリで1円でも安くする
ガソリン代がキャッシュバックされるクレカ
プロバイダ乗り換えはマメに行って料金を節約
スマホの通話料を極限まで節約する「Facetime」
電話アプリを使って通話料を0円もしくは半額に
ドコモを格安スマホにすると月5千円も安くなる
格安SIMおすすめプランで年間6万円以上浮く!

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事