ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Chromium OSなら低スペックPCでもサクサク動作

次々と新しいモデルが登場するパソコンの世界において、数年前の古い製品はあっという間に低スペック。もはやゴミ同然です。低スペックPCをどうにか活用したいなら「Chromium OS」を導入するという選択肢があります。さっそく、ドライバーの不具合で起動できない低スペックPCにChromium OSを導入してみました。


Chromium OSなら低スペックPCでもサクサク動作

Chromium OSは無料で導入できる

「Chromium OS」とは、GoogleChrome OSのオープンソース版のこと。元はGoogleが開発したOSで、Chromeブラウザ上で各種Webアプリを使うことを前提に開発されています。GoogleドライブやドキュメントといったGoogleサービスに最適化されたOSといえるでしょう。

Windowsに比べてOS自体が非常に軽く、低スペックの古いPCでもサクサク動作するのが特徴です。「Chromebook」というChromeOSを搭載したノートパソコンは、低スペックな本体を採用することで、モデルによっては2万円を切る低価格を実現しています。

Chromium OSはオープンソースなので、さまざまな種類が存在。中でも最も導入が簡単なのが、Neverware社の「CloudReady」。企業が使用する場合はライセンス料がかかりますが「Home Edition」であれば無料です。

Chromium OSはUSBから起動できる

このほかに揃えるモノとしては、Chrome OSを導入する低スペックPC(USB端子付き)とブート用のUSBメモリ(8GB以上)。今回使用したのは2007年発売の東芝のノートパソコン「TX/66C」。ドライバーの不具合で起動できないジャンクPCです。

まずは同社のWebサイトからWindows版USB Makerをダウンロードします。これはChromium OSをブートさせるUSBメモリを作成するためのツール。USB Makerを起動して画面の指示通りに進み、パソコンにUSBメモリを挿して20分程度待つだけです。

ブートUSBメモリが完成したら、実際に低スペックPCで使用してみましょう。Chromium OSはUSB起動が可能です。つまり通常のOSのように、HDDにシステムをインストールしなくてもOSが起動します。

まず、BIOS画面を開いて起動の優先順位を「USBMemory」に変更。ブートUSBメモリを挿して、パソコンを起動します。Chromium OSが起ち上がれば成功です。USBからOSの起動が可能なので、起ち上がらなくなった古いパソコンの応急処置にも活用できるでしょう。(文/Pusai)

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。