ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

USBメモリは暗号化領域を作ってファイルを保存

データのやり取りに「USBメモリ」を利用している人は多いはず。USBメモリは盗難・紛失などによるデータの漏洩が気になるところです。そこで、USBメモリをより安全に使うためのデータ保存術を紹介しましょう。手持ちのUSBメモリにフリーソフトを組み合わせて、ファイルのセキュリティを高めることができるのです。


USBメモリは暗号化領域を作ってファイルを保存

USBメモリの暗号化領域を作成する

「VeraCrypt」は、HDDやUSBメモリに秘密のボリューム(暗号化領域)を作成し、ファイルを安全に保存できるようにするフリーソフト。ボリュームは1つのファイルとして保存され、VeraCryptからマウントできる仕組み。マウント後はHDDと同じ感覚で使えます。

USBメモリ内に秘密のボリュームを設定する方法は、PCにVeraCryptをインストールして起動したら、「ボリュームの作成」をクリックします。

続いて、ボリューム作成ウィザード画面で「暗号化されたファイルコンテナを作成」→「VeraCrypt標準ボリューム」の順に選択。ボリュームの位置をUSBメモリ内に設定し、暗号化オプションは「AES」のまま進めます。

USBメモリの暗号化領域をマウント

ボリュームのサイズ選択画面が表示されるので、容量を指定。そして、マウント時に使うパスワードを設定します。最後に「フォーマット」をクリックすると、USBメモリ内にボリュームファイルが作成されるというわけです。

作成した秘密のボリュームを利用する手順は、パソコンにVeraCryptをインストールしてUSBメモリを接続したら、VeraCrypt上でボリュームをマウントするドライブを選び、ボリュームファイルを指定します。ここで「マウント」をクリックし、ボリューム作成時に設定したパスワードを入力するのです。

これで、USBメモリの暗号化領域が通常のHDDと同じようにアクセスできるようになります。使用後はアンマウントして中のファイルを保護しましょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事