ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Windows10コントロールパネルを便利にする裏技

Windowsのさまざまな設定を行う「コントロールパネル」は、毎日のように使うわけではありません。しかし、いざ設定を変更しようとしたときに、さまざまな項目がコントロールパネルのどこにあるのかがわからず困ることはしばしばおこります。実は、そのコントロールパネルの項目を1画面で表示できる裏モードが存在するのです。


Windows10コントロールパネルを便利にする裏技

Windows10コントロールパネル裏モード

Windows10の機能で、パソコンの設定を行うときに使用するのが「コントロールパネル」です。通常は、コントロールパネルは設定項目ごとにグループ化されていて、例えばハードウェアの設定を行う「デバイス マネージャー」は「デバイスとプリンター」→「デバイス マネージャー」のようにクリックして起動します。

この仕組みは、似たような設定項目が整理してまとめられているため分かりやすいともいえます。しかし、コントロールパネル内でどう整理されているかをある程度見通せないと、肝心の設定項目までたどりけないといったことも起こりがち。そんなときに役立つのが、コントロールパネルが一覧表示になる「Godmode」と呼ばれる機能です。

Godmodeを利用するには、デスクトップ上に「○○○○.{ED7BA470-8E54-465E-825C-99712043E01C}」という名前の新規フォルダーを作成します。「○○○○」の部分は「&」のような半角記号以外であれば何でもOK。すると、アイコンが名前のないコントロールパネルのショートカットへ変わるのです。

コントロールパネル内が一覧で表示

新しくできたショートカットをダブルクリックすると、Windows10のコントロールパネルがGodmodeで起動。ウィンドウ内には、コントロールパネル内にある機能がずらりと並べて一覧で表示されるため、何度もクリックをすることなく目的の設定項目へたどり着くことができます。

「Godmode」という名称はマイクロソフトが公式に公開しているものではなく、発見したマニアの間で使われている通称です。ただし、過去にマイクロソフト関係者が「自社の開発者向けに用意した機能である」と、その存在については認めています。

ただし、Godmodeから利用可能な設定項目はWindows10の設定項目だけという点は注意が必要です。通常、コントロールパネル内には、チップセットやグラフィックカードなどの設定項目も並んでいますが、Godmodeではこれらの項目へアクセスできません。

とくに、JAVAやFlashなどWebブラウザの拡張機能を利用する場合、セキュリティ設定を変更する必要が出てくることは少なくないもの。GodmodeからJAVAやFlashの設定変更はできないので、通常のコントロールパネルを起動して作業を行います。

■「Windows10」おすすめ記事
Windows10標準機能「クリップボード履歴」使い方
Windows10の隠しコマンド「神モード」とは?
Windows10の電卓に「履歴」があるの知ってた?
Windows10視覚効果を削って高速化する便利機能
最新Windows10は市販セキュリティソフト不要
動画キャプチャはWindows10標準機能が便利

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事