ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

人気のHDMI裏レコーダー「3大ブランド」とは?

BDレコーダーに録画した番組は、コピー回数に制限があります。コピー回数を消費せずにバックアップしたいなら「HDMI裏レコーダー」が役立つでしょう。BDレコーダーとテレビの間にHDMIケーブルで挟み込むと、解像度を維持した状態で外付けHDDなど外部メディアに動画ファイルとして取り込めるのです。


人気のHDMI裏レコーダー「3大ブランド」とは?

HDMI裏レコーダーには業務用モード

HDMI裏レコーダーは、コマンドを入力することで著作権保護の「HDCP」を回避する業務用モードになるのがミソ。さっそく、HDMI裏レコーダーの元祖、CAT PRO HDシリーズの廉価モデル「CAT PRO HD 1300」を見ていきましょう。

本体の電源ボタンを押し続けて起動。これで業務用モードになる仕組みです。初期状態ではHDCPにより画面表示すらできませんが、業務用モードにすることでBDレコーダーの映像が映るようになります。

リモコンで録画ボタン「REC」を押し、ダビングしたい番組を再生。映像はUSBメモリなどにMP4形式で保存される仕組みです。USBメモリをHDMI裏レコーダーから取り外して、PCに接続します。

保存された映像は「VLCmedia player」などのフリーソフトで再生可能。このモデルは廉価版なのでPCで再生する仕様ですが、上位モデルはそのままテレビで見られます。実勢価格は19,800円です。

HDMI裏レコーダー各種ラインアップ

ここでHDMI裏レコーダーの3大ブランドを確認しておきましょう。「CAT PRO HDシリーズ」は、HDCPの回避機能を隠し機能として搭載した、日本におけるHDMI裏レコーダーの元祖。ベースは海外の業務用レコーダーです。それまでキャプチャカード型などでしたが、PC不要でHDMIダビングが可能になりました。

「HDRXシリーズ」は、画像安定装置やフリフリプレーヤーなど、裏家電メーカーとして老舗のプランテック製。HDMI裏レコーダーも各種ラインアップしており、現行機は「HDRX-420Ⅲ」(43,200円)。裏コマンドは「8264」が伝統となっています。

「アキバコシリーズ」は、裏グッズショップ・アキバガレージがプロデュースする「アキバコンピューター」のHDMI裏レコーダー。裏テレビツールが全部入りとで、HDMIキャプチャ機能もソフトとして内蔵しています。「アキバコンピューター4X」(32,184円)はダビング専用機です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事