ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

クレジットカード審査に落ちた際のNG行動とは

ショッピングの代金を後払いにするクレジットカードは、新しく発行するときにしっかり支払いができる人かを調べる「信用審査」が必ず行われます。当然、審査に落ちて新しいカードが作れないケースも出てきますが、カード審査に落ちた際に行うと、ますますカードが作りづらくなるNG行動があるのです。


クレジットカード審査に落ちた際のNG行動とは

クレジットカード審査に落ちた理由

クレジットカードを新規に作る方法には、自分から申し込むものとカード会社から招待を受けるパターンの2種類があります。カード会社からの招待であれば、本人がOKすればほぼ間違いなくクレジットカードが発行される一方、自分から申し込む場合には信用審査後に発行を断られるケースも少なくありません。

クレジットカードの審査に落ちた理由はさまざまですが、一番多いのは過去にカードの支払遅れが記録されているパターン。支払いが遅れると「信用情報機関」に指定されている会社に記録が残り、カード会社はこれらの会社から提供される情報をもとに、新規カードを発行するかどうか審査するのです。

現在、個人の情報を記録する信用情報機関にはCIC・JICC・KSCの3社があり、カード支払いの遅れの記録については各社とも保存期間を5年以内としています。そこで、5年以内にカード支払いが滞っていると、カードの発行が難しくなってくるのです。

とはいえ、過去5年以内に支払い遅れの記録があると、新規のカード発行が不可能というわけではありません。信用情報機関の情報をどう判断するかはカード会社ごとにさまざま。カード会社によっては支払い遅れの記録が残っていても、状況に応じて新規カードを発行してくれる会社も少なくありません。

クレジットカード審査に落ちた場合

よくいわれる話として、銀行系のカード会社は審査基準が厳しく、次に厳しいのが自動車ローンなども手がける「信販系」呼ばれる会社、比較的緩いのがスーパー・百貨店などの小売りチェーン系列で発行する「流通系」というもの。しかし、実際に新規カードが発行可能かは申し込んでみないとわかりません。

ただし、クレジットカードの申し込み時に行うと確実に新規発行が難しくなる、いわば、やってはいけないNG行動があります。それは、短期間に連続して複数のカード会社に新規発行の申し込みを行うというものです。

カードの新規発行を繰り返す人に審査が厳しくなる理由は、カード会社に資金繰りが苦しそうと思われてしまうため。信用情報機関では、各カード会社からの照会記録も6か月間保管しており、カードの新規発行を繰り返すとこの記録が貯まり、カード発行がより難しくなってしまうのです。

そこで、Aカードの審査に落ちたのでBカードを即申し込む、といった手続きを行うと、最初からBカードを申し込む場合と比べて審査がより厳しくなります。カードの審査に落ちた場合、あせらずに6か月間待ち、カード会社の照会記録が消えるのを待って別なカードを申し込むことが大切です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事