ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ダークウェブで売買されるクレジットカードとは

キャッシュレス決済で第三者のクレジットカードが不正利用される被害が相次ぎました。そして、ここで使われたクレジットカード情報の多くが、ダークウェブで売買されたものだといわれています。こうしたクレジットカード情報の違法売買の現場は、一体どんなものなのでしょう。ダークウェブの実態に迫りました。


ダークウェブで売買されるクレジットカードとは

ダークウェブのクレジットカード売買

ダークウェブでのクレジットカード情報の売買は匿名通信ブラウザ「Tor」のサイトで行われています。実際にアクセスしてみると、リンク集などもありクレジットカード情報の専門ショップがすぐに見つかりました。

販売サイトで売られているのは、国際ブランドのクレジットカード情報はもちろん、プリペイドタイプのクレジットカード情報や決済アカウント情報などさまざまです。

価格も意外と良心的(?)で、3,000ドルがチャージされたプリペイドタイプのクレジットカード情報であれば140ドル程度。PINコードも付いてくるので、「オンラインショッピングに使える」と紹介されています。

また国際ブランドのクレジットカードの中には、カード情報だけでなく実物のカードも購入できるものもありました。ATMでのキャッシングにも対応しているようですが、実際に送られてくるのはカード情報が書き込まれたクローンカードと思われます。

ダークウェブの違法カード情報の決済

ダークウェブで販売されているクレジットカードの配送方法は3種類あり、無料配送なら1週間程度、40ドルで「OverNight Shipping」を利用すれば1~2日でカードが到着するようです。

ネット決済といえばクレジットカードですが、違法カード情報の決済がクレジットカードで行われるはずもなく、ダークウェブではBitcoinなどの仮想通貨を使うのが一般的です。つまり、匿名のウォレットさえあれば、誰でもダークウェブでこうしたクレジットカード情報を購入できてしまうのです。

とはいえ、キャッシュレス決済での不正利用が大きく報じられたことからも分かるように、手に入れたクレジットカード情報を実際に悪用するのは、非常にハードルが高いのも事実です。またダークウェブ上でカード情報を入手し、摘発されたケースもあり、今後ますます対策が進むことは間違いありません。(文/アウトドア井上)

■「ダークウェブ」おすすめ記事
ダークWebを体現「Tor」のアングラネット社会
盛り上がるFreenetの日本語掲示板の中身は?
プロキシサーバ利用でTor拒否サイトを突破する
Tor Browserを使って完全匿名で情報収集する

■「クレジットカード」おすすめ記事
楽天の家族カードなら小額ポイントが合算できる
ダミーのクレジットカード番号が入手できる!
飛行機の遅延補償はクレジットカードを活用
Vプリカは使い方次第で半永久的にタダ見できる
Vプリカは使い方次第でクレカ番号ジェネレータ

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事