ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

クレジットカード不正利用で補償されないケース

財布を落とす、あるいはスリで盗まれるなどしてクレジットカードがなくなってしまったとき、一番心配なのがそのクレジットカードが他人に使われてしまう「不正利用」。こうした場合、正しい手続きを行えば不正利用分はカード会社が補償する仕組みですが、場合によっては補償されないので注意が必要です。


クレジットカード不正利用で補償されないケース

クレジットカード不正利用の補償対象

クレジットカード会社が不正利用を補償するのは、連絡を受けてから60日前までの利用分に限られます。例えば、2020年7月20日にカードの盗難が分かりカード会社へ連絡をすると、2020年5月22日以降の利用分が補償対象です。

物理的にカードを盗まれた場合であれば、その日にカード会社へ連絡をすればまず問題ありません。しかし、スキミングなどの手法でカード情報を盗まれ、偽造カードが作られてしまうと話は変わってきます。この場合、請求が届いてはじめてカード不正利用に気づくためです。

クレジットカードの加盟店からカード会社への請求は、決済後30日以上たつことも珍しくありません。そして、明細書の郵送までのタイムラグが重なると、スキミングに気づくまでに60日以上かかってしまうケースも…。これを防ぐためにも、Web明細などでカード利用をこまめにチェックするようにしましょう。

クレジットカード不正利用補償は警察

また、カードの盗難に気づいた際には、必ず警察に盗難・紛失届けを提出し、届出番号を手に入れるようにします。届出番号は、補償を受けるためにカード会社へ提出する書類へ書く必要があり、忘れてしまうと補償手続き自体が進まないことになるのです。

手続き上のミスとしては、カード会社から求められた追加書類などを返送し忘れてしまうと、「調査に非協力的」ということで補償されない場合があります。カードの署名欄にサインがない状態も補償対象外なので、クレジットカードが届いたらサインを忘れないようにしましょう。

そして、もうひとつ不正利用として補償されないケースに、カードの管理がずさんと見なされてしまうパターンがあります。例えば、同居する家族や会社の同僚がこっそり使っていた場合や、「0000」「0123」など単純すぎる暗証番号を設定していたケースです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事