ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

外付けHDDが認識しない時に試したい対処法2つ

パソコンのデータを「外付けHDD」にバックアップしている人は多いでしょう。しかし、そのバックアップ用の外付けHDDが故障することもありえます。そこで外付けHDDが認識しなくなったら、試したい手順を紹介。絶対確実な方法ではありませんが、うまくいけば救出できる可能性があります。


外付けHDDが認識しない時に試したい対処法2つ

安くなった外付けHDDにバックアップ

データのバックアップが重要なのは言うまでもありません。仕事の資料やプライベートの写真などを、パソコン本体とは別に保存しておくのは現代人の常識です。今はクラウドも普及してきたのでネット上に保存するのもアリですが、大容量のデータはUSB接続の「外付けHDD」に保存するのがやはり基本でしょう。

外付けHDDは数年前まで2TBモデルが1万円程度というのが相場でしたが、現在は3TB~4TBモデルが1万円前後と安くなりました。ロジテック、バッファロー、アイ・オー・データ機器あたりの製品なら、まず安心して使えます。

しかし、外付けHDDはもちろん永遠ではありません。ハードを認識しなくなるなどのトラブルはいつでも起こりえます。そうなると、バックアップのバックアップが必要で、念のためにさらにそのバックアップも…とキリがありません。

そこで、外付けHDDが認識しなくなった時に試しておきたい方法をいくつか紹介しましょう。焦らずに対処することで、データを救出できるかもしれません。

外付けHDDを分解してHDDを読む

外付けHDDがそれまで元気に動いていたのに、いきなり電源が切れて、うんともすんともいわなくなったいう場合。外付けHDDケースの電源周りが故障した可能性が考えられます。

こんな場合は外付けHDDを分解して、中身のHDDを取り出しましょう。メーカーによってその構造は異なりますが、たいていは表裏2か所ぐらいずつツメで固定されているので、それをマイナスドライバーなどを挿し込むことで、強引に開けられます。型番やメーカーを検索してみてください。

フタを開けたら、固定用ホルダーのネジを外せばOKです。取り出したHDDを、いわゆる「HDDスタンド」にセットして、USBでPCにつないでみます。外付けHDDのフタを開けるとメーカー保証外になるので自己責任になりますが、中身のHDDが生きていればこれで読み込めるかもしれません。


外付けHDDにデータ復活ソフトを使う

HDDスタンドをつないでも認識しなかったり、認識しても「ディスクはフォーマットされていません」「今すぐフォ-マットしますか?」などのエラーが出る場合、「データ復活ソフト」を使うことで救出できる可能性があります。

物理的な故障ではなく、あくまで内部データに障害が発生した論理障害であればというのが前提です。「完全データ復元PRO」「EaseUS Data Recovery Wizard」などには、消したファイルの復活以外に、こういった正しく認識しないHDDの復旧にも対応しています。

データ復活ソフトには無料版と有料版があり、無料版は基本的に復活できるデータ量が画像5枚までなど制限されています。まず無料版で復活できる可能性があるか確かめてから、有料版を購入するのがよいでしょう。

常日頃からバックアップを取るのと同時に、使いやすいデータ復旧ソフトも用意しておくと安心です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事