ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ダイソーのBluetoothスピーカーを高音質に改造

100円均一ショップのダイソーでは、100円以上の高級ライン「ダイソーPremium」を200~600円の価格帯で展開中。雑貨・ガジェットなどが中心ですが、過去には5千円のビリヤード台や、千円の巨大ぬいぐるみなども販売されていました。そして、いま注目したいのがどんどん充実しているBluetooth対応のアイテムです。


ダイソーのBluetoothスピーカーを高音質に改造

ダイソーBluetoothスピーカーは省電力

「ブルートゥーススピーカー(ポータブルタイプ)」は、軽量かつ小型(120W×79H×39Dmm)のポータブルスピーカー。Bluetooeh5.0と最新の通信ユニットを搭載していることで、省電力・接続性能に優れています。価格は550円です。

背面にはUSBポートとSDカードスロットがあり、ここから音楽ファイルを読む込ませての再生もOKという二刀流仕様と使い勝手バツグン。価格の割には音質は悪くありませんですが、プラスチック素材のボディは共振などに弱いため、ひと工夫したいところです。

実際に内部を見てみると、スピーカーは3W4Ωとやや非力な仕様。その上、筐体がプラスチック製で共振に弱いのがネックです。そこで、内部にフェルトを敷き詰めるプチカスタマイズで音質の改善を図ってみました。

ダイソーBluetoothスピーカーを改造

具体的なダイソーBluetoothスピーカーの改造手順は、スピーカーネット固定用のダボ穴にあるプラスネジを4本取り除くところから。これで本体を分解できます。基板やスピーカーなどは固定されていないので、難なく取り外せました。スピーカーを分解したら、ダイソーの「スポンジ両面テープ」をスピーカー部分に貼り付けます。

そして、ダイソーの「フェルト」を両面テープで貼り付け、内部に敷き詰めるのです。あとは分解と逆の手順で戻せば改造は完了です。実際に使ってみると、余分な共振がフェルトに吸収され、音にメリハリが出ました。

このほか、ダイソーの「Bluetoothワイヤレス片耳イヤホン」は、ハンズフリー通話だけでなく、音楽の再生にも対応しているのは高評価。連続待機時間は24時間ながら、連続通話や音楽再生は1時間とやや非力なので、ライトユーザー向けでしょう。耳掛けタイプではなくインイヤータイプなのでスッキリしたスタイル。価格は330円です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事