ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Windows10クリップボード履歴はピン留めが便利

パソコンを使ううえで欠かせない作業のひとつがコピー&ペーストです。しかし、コピーしたデータは次々と上書きされてしまうため、前にコピーしたデータをもう一度使おうとすると、元の文書や画像を探し直す必要がありました。Windows10ではこの点が改善され、昔にコピーした履歴データを再利用できるのです。


Windows10クリップボード履歴はピン留めが便利

Window10にクリップボード履歴が追加

Windows10のコピー&ペーストのデータを保存するクリップボードには、2018年11月のアップデートで新たに履歴機能が追加されました。それまで、クリップボードへコピーした文章や画像は上書きされ古いものは消えてしまう仕様。このアップデートにより再利用が可能となったのです。

クリップボードの履歴機能は、標準状態ではOFFのため、利用には設定変更が必要となります。「スタートボタン」→「設定」→「システム」→「クリップボード」の順にクリックすると現れる画面のなかから「クリップボードの履歴」をONにします。

設定変更後は、キーボードのショートカット「Windows」+「V」を入力すると、過去に保存されたクリップボード履歴がリストで表示。利用したい履歴を選択することで現在のクリップボードと置き換わり、さまざまなアプリへペーストできるのです。

クリップボード履歴をピン留めする

ただし、クリップボード履歴はすべてのコピーに対応しているわけではありません。履歴に保存されるのは、Word文書などを含むテキストと画像(BMP・JPEG・PNG)、HTMLデータで、保存数にもテキスト・画像・HTMLデータそれぞれに25個まで、最大容量は合計4MBまでという制限があります。

このため、長時間作業を繰り返しているうちに、再利用したかったクリップボード履歴が消えてしまう、といったことも起きがちです。そうした際に便利なのが「ピン留め」機能で、消したくない履歴の右上のメニューをクリックして「ピン留めする」を選択しておくことで、優先的に履歴内に保存され続けます。

ピン留めしたクリップボード履歴は、履歴が増えてきた場合だけでなく、再起動後も保存され再利用が可能。よく使うユーザーIDやパスワード、WebサイトのURLなどをピン留めしておけば、クリップボード履歴から簡単な手順で呼び出し入力するできるのです。

■「Windows10」おすすめ記事
動画を合法で保存できるWindows10の「神」機能
Windows10のログイン画面をスキップする方法
最新Windows10は市販セキュリティソフト不要
Windows10の電卓に「履歴」があるの知ってた?
Windows10視覚効果を削って高速化する便利機能
Windows10デスクトップに便利なアイコンを追加
動画キャプチャはWindows10標準機能が便利
「Zoom」をホストに内緒でこっそり録画する方法
Windows10標準機能「クリップボード履歴」使い方
Windows10の隠しコマンド「神モード」とは?

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事