ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Windows10の隠しコマンド「神モード」とは?

Windows10に存在する隠しコマンドの代表格といえば「GodMode」でしょう。日本語に訳せば「神モード」です。これは、デスクトップで新規フォルダを作成して、その名前を特定の文字列にするというもの。コントロールパネルの内容をエクスプローラーの形式で表示できる隠しコマンドなのです。


スポンサーリンク
Windows10の隠しコマンド「神モード」とは?

Windows10の隠しコマンドのやり方

Windows10のコントロールパネルはどこに何の設定があるのか分かりづらいのが欠点。隠しコマンドの「GodMode」を使えば、まさに神のごとくWindowsの各種設定画面にダイレクトに飛ぶことが可能。迷わず一発で目的の設定が行えます。

「Godmode」はエクスプローラーの形式で表示されるので、並び替えやアイコン(小/中/大/特大)・一覧・詳細などの表示選択ができる上、通常のコントロールパネルでは不可能な設定画面のショートカットを作ることも可能です。

Windows10の隠しコマンド「GodMode」のやり方は、まずはデスクトップで右クリックして「新規作成」から「フォルダ」をクリック。新しいフォルダができたら、右クリックで「名前の変更」を選んだら、フォルダ名に「GodMode.{ED7BA470-8E54-465E-825C-99712043E01C}」を入力します。

すると、フォルダがコントロールパネルのアイコンに変化。これで「GodMode」の完成です。どこに設定があるか分かりづらかったコントロールパネルが、画期的に使いやすくなります。

隠しコマンドでショートカット作成

ちなみに「GodMode」以外にも、同様の隠しコマンド操作で各種設定画面のショートカットを作れます。これらの隠しコマンドを活用すれば、Windowsの操作性は劇的に向上するでしょう。

各種設定のショートカットを作成する隠しコマンドは、新規作成したフォルダの名前に以下の文字列を入力。冒頭の「○○.」は任意の半角英数字を入力します。例えば「マイコンピューター」であれば「○○.{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}」といった具合です。

「ネットワーク」であれば「○○.{208D2C60-3AEA-1069-A2D7-08002B30309D}」、「最近使った項目」なら「○○.{22877A6D-37A1-461A-91B0-DBDA5AAEBC99}」。「電源プランの選択またはカスタマイズ」は「○○.{025A5937-A6BE-4686-A844-36FE4BEC8B6D}」となります。

■「隠しコマンド」おすすめ記事
Windows10が初期化状態になる隠しモードとは?
iOS7の新機能!便利なiPhone裏コマンド
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
iPhoneのウラ技でアンテナ表示を数字に切り替え
iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違っていた
カラオケで高得点が取れる裏コマンドとは?
公衆トイレのウォシュレット設定モードの使い方
プリウス純正カーナビの隠しコマンドで故障診断
Xperiaの不具合をチェックできる隠しコマンド

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事