ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ホテルが支払っている「NHK受信料」バカ高い件

「NHK受信料」は一般家庭だけでなく、会社の事業所などもテレビを持っていると支払わなくてはいけません。そのうえ、一般家庭では何台テレビを持っていてもNHK受信契約は1軒1契約で済みますが、事業所の場合は計算方法が違って、1部屋1契約となってしまいます。この影響がもっとも大きいのが、1部屋に1台テレビを置くホテルです。


ホテルが支払っている「NHK受信料」バカ高い件

NHK受信料をテレビ設置部屋数で計算

NHKの受信契約は、テレビのある一般家庭だけでなく、企業の事務所や商店なども契約対象となります。これは、放送法でNHKの受信契約対象を「協会(NHK)の放送を受信することのできる受信設備を設置した者」と定めているため。ここでいう「者」には一般人だけでなく、さまざまな事業者なども含まれるのです。

NHK受信契約の詳細については、「日本放送協会放送受信規約」で内容を規定しており、受信契約が何契約必要かも書かれています。それによると、一般家庭は「世帯」ごとに契約が必要と記載。一方で、事業者の場合は「受信機の設置場所ごと」となり、契約条件が一般家庭と違うのです。

NHKがWebサイトで公開中の事業者契約の説明によると、商店などを含む事業者のNHK受信契約は設置部屋ごとに1契約となっています。例えば、ある会社が社長室と広報部・社員食堂にテレビを各1台設置した場合、NHK受信契約は3契約が必要になるといった具合です。

NHK受信料を約19億円支払ったホテル

多くの事務所では、各部屋ごとにテレビを用意することはあまり考えられず、NHKと結ぶ受信契約も数件で済みます。ところが、各部屋ごとにテレビを置かないと商売にならない業種がホテルです。

例えば、全100室でBS放送が視聴可能なホテルの場合、年間に支払うNHK受信料を単純に計算すると、年間2万4740円×100室で247万4000円にのぼります(銀行振り込みで12ヶ月前払いの場合)。複数ホテルを運営する大手チェーンではさらにNHK受信料の負担は重く、年間1億円以上を支払うことも十分考えられます。

実際、国内最大級のホテルチェーン・東横インがNHKと受信料支払いを巡り争った裁判で、2019年7月に最高裁が出した判決はNHKに対し約19億円の支払いを命じるものでした。この約19億円には、2年1ヶ月分の受信料が含まれているため、1年間分のNHK受信料としては約9億円を支払った形になるのです。


半額以下になるNHK受信料の割引制度

この状況では、ホテルのように大量のテレビが必要な業種のNHK受信料負担が大きすぎるということで、NHK受信料には「事業者割引」「多数一括割引」という2種類の割引が用意されています。事業者割引は、2契約目以降の受信料が半額になるというもので、衛星契約であれば年間1万2385円です。

また、多数一括割引は10件以上のNHK受信契約について一括で支払うと割引となるもので、1契約あたり月額300円が割引となります。多数一括割引は、同じ建物でなくてはならといった制限はなく、大手ホテルチェーンであれば全ホテルの客室数分を一括で支払うことも可能です。

先ほどの全100室のホテルに両割引を適用すると、年間に支払うNHK受信料は88万9875円となり100万円以下に収まります。とはいえ、稼働率などを考慮せずに客室数分だけNHK受信料を支払う仕組みに変わりはなく、一般家庭と比較してホテルのNHK受信料負担が重いことは間違いありません。

■「NHK受信料」おすすめ記事
カーナビはNHK受信料を払う義務がある?ない?
引越しを機にNHK受信料の支払いはやめられる?
NHK受信料裁判の流れを変えたフィルターとは?
NHK受信料を「家族割引」で半額にする方法とは
NHK受信料未払いに「罰則規定がない」の意味は?
NHK受信料滞納で届く書類で注意すべきものは?

■「NHK」おすすめ記事
NHKの受信契約を解約できる条件と手続き方法
NHK裁判で争点となる「イラネッチケー」とは?
NHK集金人が拒否しても何度も訪問してくる理由

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事